このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161802
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000018683
事例作成日
(Creation date)
2014/10/01登録日時
(Registration date)
2014年11月06日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年12月21日 10時24分
質問
(Question)
妻木多宮という武士について、『幕末維新人名事典』(学芸書林)には、慶応4(1868)年に大坂城を尾張・越前の手に引き渡す任を命じられ、著作に「大阪落城退去始末略記」があると載っている。この「大阪落城退去始末略記」を読みたいが、どうすればよいか。
回答
(Answer)
「大坂落城退去始末略記」が載った資料は発見できず。類似内容と推察される「妻木頼矩手記 戊辰正月大坂城引渡始末」が『維新日乗纂輯』にあり。こちらをごらんいただいた。
回答プロセス
(Answering process)
「大阪落城退去始末略記」を国会図書館サーチ http://iss.ndl.go.jp/  で調べるが、該当なし。大阪府Web-Opac横断検索 http://mets2.elib.gprime.jp/copac_pref_osaka/advance_table.php でも同様。

『国史大辞典』(吉川弘文館)『国書総目録 著者別索引』(岩波書店)を調べるが、妻木多宮の項目はない。
『大阪人物事典』(清文堂)を調べると、p740「妻木頼矩(つまきよりのり)」の項目に、通称は伝蔵・多宮とあり。大坂城の預かり方を命じられ、城兵の暴発を防ぎ難問山積を整理して長州藩参謀佐々木二郎四郎・坂井勉らに引き渡して江戸へ帰った苦労話が「大坂落城退去始末略記」に詳しいとの記載がこちらにもあり。

再度国会図書館サーチで「妻木頼矩」を調べると、『維新日乗纂輯』(東京大学出版会)に、妻木頼矩の手記があることが判明。『維新日乗纂輯』は当市にも所蔵があり、内容を確認したところ、3巻p379-391に、「妻木頼矩手記 戊辰正月大坂城引渡始末 (原題 慶應戊辰正月七日大坂城尾張御両家へ引渡始末)」があり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『幕末維新人名事典』(学芸書林)
『大阪人物辞典』三善 貞司/編(清文堂出版)
『維新日乘纂輯3』日本史籍協会/編(東京大学出版会)
キーワード
(Keywords)
妻木頼矩(ツマキヨリノリ)
大坂城(オオサカジョウ)
江戸時代(エドジダイ)
明治維新(メイジイシン)
歴史(レキシ)
大阪(オオサカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
後日、国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーターの方より、下記のことをご教示いただく。

東京大学史料編纂所データベース http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html に下記の情報があり。

維新史料綱要データベース
【区分】 復古記
【編/冊/頁】 1巻 488頁
【和暦年月日】 明治1年1月8日(18680010080)
【綱文内容】 徳川慶喜の東走するや、其臣妻木頼矩「多宮○目付役」を留て、奏状及坂城を徳川慶勝、松平慶永に託す、是日、二人其奏状を上る。
【人名】 徳川慶喜,妻木頼矩,妻木多宮,徳川慶勝,松平慶永
【官職】 目付役
【事項】 東走,奏状

また、国立国会図書館デジタルコレクションで『復古記』該当箇所の画像が公開されている。

復古記 第1冊 太政官編 (内外書籍, 1931)p.488
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1148133/275
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000161802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決