このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161598
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2014-10-009
事例作成日
(Creation date)
2014/10/3登録日時
(Registration date)
2014年10月30日 14時56分更新日時
(Last update)
2016年03月26日 11時28分
質問
(Question)
昔の庶民の旅の事情や、客人や旅人を手厚くもてなした江戸時代の人々の心構え、「人に施すと自分に返ってくる」という信仰について書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
NDC分類210.7、384、385の書架をブラウジングして江戸時代の旅の事情、旅行客のもてなしの様子や作法について調査。関連する記述のあった、以下のものを提供。

【資料1】『庶民と旅の歴史』(日本放送出版協会)
p17-庶民の旅の起こりと発達、旅の事情について書かれている。過酷な環境の下で、庶民があえて旅に出る動機は強い信仰心によるもので、社寺参詣がほとんど唯一であった、とある。
p48に、元禄・享保の頃、経済事情や社会の変化から、旅・参詣の民衆化が急速に進展した時代背景について書かれている。
p117-150に、庶民の旅の実態が詳しく書かれている。
p195-206 「御蔭参り」についての記述あり。江戸慶安3年を皮切りに5、60年周期で発生した特異な宗教現象で、貧しい人々も、旅の沿道で「施行・接待」と呼ばれる物質援助を受けながら、参宮の目的を果たすことができた、とある。p202-204に、当時の旅行者の接待の事情について書かれている。

【資料2】『江戸の旅人たち』(吉川弘文館)
p170-180「旅の儀礼・作法ともてなし」 に、宿場町における様々な立場での、旅人客のもてなしについて書かれている。

【資料3】『絵図に見る伊勢参り』(河出書房新社)
「御師」と呼ばれた伊勢参りの案内人の、当時の商業活動について書かれている。

【資料4】『浮世絵に見る江戸の旅』(河出書房新社)
p78-「旅の楽しみ」の項の、p82「人情に触れる」に、“人に施すことでおのれも助けられる”という、巡礼する無銭旅行者を助けた当時の庶民の信仰心について記述がある。
p86に、人々が街道ですれちがう際、節度と思いやりのある態度が外国人を驚かせた、と書かれている。

【資料5】『おみやげ』(青弓社)
p102-104「おかげ参り」
“世間様のおかげで旅ができる”の意で、江戸中期に、道中各所での接待に頼った無銭旅行に近い参詣旅行や、通過儀礼の意味合いを持つ若者たちの「抜け参宮」が流行した、と書かれている。「旅は相みたがい」の精神が日本の庶民層に「文化」として育まれており、四国遍路における「喜捨」の伝統に通じるものであった、とある。
p128-139 庶民の伊勢参りを勧誘し、取り仕切った「御師」の活動と、そのもてなし作法について書かれている。

【資料6】『御師』(大林組)
p10-12:江戸時代に庶民の伊勢参り旅行を斡旋し、宿泊場所を提供した「御師」のもてなしの様子が書かれている。
p24-25:街道沿いの人々の施しによってまかなわれていた、「ぬけ参り」について記述あり。

【資料7】『古写真と錦絵でよみがえる江戸時代おもしろビックリ商売図鑑』(新人物往来社)
p92:「御師」の商業活動について書かれている。
p99:江戸が観光都市として栄えた条件の一つに、「もてなしの心」をあげている。強い者に刃向かい弱者に手を差し伸べる心意気で、江戸の庶民は旅行客に対して手厚く親切にした、とある。
p101:江戸時代の商売の根本は「人様のために」という心意気であり、もてなしの心とは「他者、人様を考えること」が前提である、と書かれている。

【資料8】『江戸ッ子』(吉川弘文館)
p147:「いき」という言葉には「大通」「意気」「好風」「当世」「好雅」「好意」というような漢字があてられ、これらの漢字がもっているような複雑な意味内容を持っている、とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会.家庭生活の習俗  (384 8版)
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 8版)
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】新城 常三/著 , 新城‖常三. 庶民と旅の歴史. 日本放送出版協会, 1975. (NHKブックス ; 143)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000175560-00  (当館請求記号 682/21 ※書庫資料)
【資料2】深井甚三 著 , 深井, 甚三, 1949-. 江戸の旅人たち. 吉川弘文館, 1997. (歴史文化ライブラリー ; 9)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002584596-00 , ISBN 464205409X (p170-180 当館請求記号 384.3/フ97 ※書庫資料)
【資料3】旅の文化研究所 編 , 旅の文化研究所. 絵図に見る伊勢参り. 河出書房新社, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003603489-00 , ISBN 4309242707 (当館請求記号 291.6/エ02/)
【資料4】佐藤要人 監修 , 藤原千恵子 編 , 佐藤, 要人, 1918-2007 , 藤原, 千恵子. 図説浮世絵に見る江戸の旅. 河出書房新社, 2000. (ふくろうの本)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002927563-00 , ISBN 4309726380 (当館請求記号 384.3/ズ00 ※書庫資料)
【資料5】神崎宣武 著 , 神崎, 宣武, 1944-. おみやげ : 贈答と旅の日本文化. 青弓社, 1997.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002581008-00 , ISBN 4787231332 (当館請求記号 385.9/カ97 ※書庫資料)
【資料6】大林組/〔編〕. 御師. 大林組広報室, 1998. (季刊大林 : 43)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000805524-00  (当館請求記号 175.8/オ98)
【資料7】古写真と錦絵でよみがえる江戸時代おもしろビックリ商売図鑑. 新人物往来社, 2009. (別冊歴史読本 ; 43)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001976164-00 , ISBN 9784404036438 (当館請求記号 384.3/コ09 ※書庫資料)
【資料8】吉川弘文館/編 , 吉川弘文館/編 , 西山松之助/著. 〈江戸〉選書 1. 吉川弘文館, 1980.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005310860-00  (当館請求記号 210.5/241/1 ※書庫資料)
キーワード
(Keywords)
江戸
江戸っ子
いき
おもてなし
参詣
伊勢参り
お蔭参り
社寺参詣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000161598解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!