このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161493
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
八幡東分館8
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年10月26日 16時08分更新日時
(Last update)
2015年11月15日 16時50分
質問
(Question)
くしゃみの回数で意味が違うという迷信を友人と話していると解釈が違いました。何種類かあるのでしょうか。
回答
(Answer)
下記の資料の提供および、HPを紹介しました。

当館所蔵資料より『世界大百科事典』の「くしゃみ」の欄を見ると「中国では≪詩経≫に〈嚔有人説〉とあり、くしゃみが出れば誰かが噂をしていると考えられた。〈一つ褒められ、二つ憎まれ、三つ惚れられ、四つ風邪をひく〉のたぐいの俗言は、英語なら〈一つならキス、二つなら願いごと、三つは手紙で四つならもっと良いこと、五つは白銀で六つは黄金、七つくしゃみすりゃ人に言えない秘密がかなう〉となる。」とありました。


『迷信博覧会』には、丹波天田郡の上夜久野のことわざとして「「一ほめられ二笑はれ三そしられ四風引く」というのがある。」とあります。また、同書では「朝つづけざまに二度くしゃみをすれば吉の意。手紙や贈物が来る。一度だと凶、二度なら吉である。朝三度つづけざまにくしゃみが出ると、幸運と歓び、贈物、手紙が約束される」『ドイツ迷信事典』)」とありました。


『俗信と言い伝え』では、「しゃみを二度すると誰かにどこかで笑われている」とありました。(※「しゃみ」は本文をそのまま引用しました)


『縁起かつぎの秘密』では、イギリスの縁起かつぎとして
「「月曜のくしゃみは危険の前兆」「火曜のくしゃみは知らない人にキスされる」「水曜のくしゃみは手紙がくるしるし」
「木曜のくしゃみはなにか良いことが…」「金曜のくしゃみは悲しさの訪れるくしゃみ」「土曜のくしゃみは恋人と×××」」とありました。


『まんがで学ぶ 語源』では、「こうしたいい伝えは、場所によって、少しずつちがってきます」とあり、
地域、国ごとでも違うという記載がありました。
「東京=「いち」ほめられ「に」にくまれ「さん」ほれられて「し」かぜをひく
 兵庫=「いち」ほめ「に」そしり「さん」わらわれ
 スペイン=「いち」健康「に」健康とお金「さん」健康とお金と愛(よい意味にも、わるい意味にもつかわれるようです)」、
『都市伝説探偵団』でも出身地別での紹介があり、
「「1回ほめられ、2回嫌われ、3回惚れられ、4回風邪っぴき(鹿児島県)」とありました。
また各国のくしゃみ事情を非営利サイト「Multiculturalpedia(多文化理解事典)から引用して紹介してあり、
「中国では、何度もくしゃみをした人に「誰かがあなたのことを想っている」と言うそうだ。このリアクションは日本に近いようで興味深い。また、オランダでは「3回すると翌日は晴れる」という言い伝えがあり、2回だと周りから「あと1回!」とかけ声がかかるとか。」とありました。 


『故事・俗信 ことわざ大辞典』の「噂」には「噂をされると嚔(くしゃみ)がでる」という記載があり、「人の噂をすると噂をされた当人がくしゃみをするという俗説。一つくしゃみは褒められ、二つは悪口、三つは風邪などという。」とありました。


『それ日本と逆!?文化のちがい 習慣のちがい⑤イロイロしぐさと発想』の中の「くしゃみの回数でうわさの中身がわかる?」という項目では「くしゃみが1回ならばほめられ、2回ならにくまれている、などと、回数によってうわさの内容もわかるとされています。この内容は地方によって異なりますが、4回以上なら「かぜに気をつけろ」といわれるのは、どの地方でも共通です。」とありました。


『なぜ?どうして?身近なぎもん 3年生』では、「一回出るくしゃみは、よいうわさ、二回出るくしゃみは、悪いうわさ、などといわれることもあるようです」とありました。


また、googleで‘くしゃみ 回数’と検索すると37万件あまりヒットしそのそれぞれのサイト内でも見解が異なりました。
中でも「相馬弁保存会 方言笑い噺( http://emosuzu.fc2web.com/warai.html  2014年11月2日最終確認)」では、
「「一褒め、二ざんぞ、三ぽれ、し風邪、ごうつくばりの、ろくでなし、しちめんどくさい、はっとばせ、くるしめて、とっちめろ」
1回は褒められている、2回は悪口を言われている、3回は惚れられている、4回はいよいよ風邪。5回は業突く張り(すごく欲張り)な人で、6回で面倒くさくなり、8回は張り飛ばして、9回は苦しめて、10回でやっつける。」とありました。
回答プロセス
(Answering process)
参考資料の棚より『世界大百科事典』で「くしゃみ」の項目に回数の記載を見つけました。

業務端末より「迷信」で調べると『迷信博覧会』『俗信と言い伝え』『縁起かつぎの秘密』が見つかりました。それぞれにくしゃみの回数の記載を見つけました。

業務端末より「語源」で調べると『まんがで学ぶ語源』が見つかりました。くしゃみの回数の記載を見つけました。

業務端末より「都市伝説」で調べると『都市伝説探偵団』が見つかりました。くしゃみの回数の記載を見つけました。

業務端末より「ことわざ」で調べると『故事・俗信 ことわざ大辞典』が見つかりました。くしゃみの回数の記載を見つけました。

業務端末より「風俗」で調べると『それ日本と逆!?文化の違い 習慣のちがい⑤イロイロしぐさと発想』が見つかりました。くしゃみの回数の記載を見つけました。

tooliより「くしゃみ」で調べると『なぜ?どうして?身近なぎもん 3年生』が見つかりました。くしゃみの回数の記載を見つけました。

googleにて‘くしゃみ 回数’を調べると「相馬弁保存会 方言笑い噺( http://emosuzu.fc2web.com/warai.html  2014年11月2日最終確認)」
が見つかりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典』平凡社、1988年・3月、73頁、R031/セ/8
『迷信博覧会』穂村孝弘、平凡社、1987年2月、223頁~、387/タ, ISBN 4582610129
『俗信と言い伝え』泰文堂、1970、91頁、387/イ
『縁起かつぎの秘密』東京縁起かつぎ研究会・編、同文書院、1996年2月、5頁~、387/ト, ISBN 4810373096
『まんがで学ぶ 語源』2009年1月、115頁、812/ヤ, ISBN 9784337215078
『都市伝説探偵団』アエラ都市伝説探偵団編、朝日新聞社、2005年6月、53頁、049/ア, ISBN 402340053X
『故事・俗信 ことわざ大辞典』小学館、1982年、162頁、813.4/シ, ISBN 4095011017
『それ日本と逆!?文化のちがい 習慣のちがい⑤イロイロしぐさと発想』学研教育出版、2012年2月、8頁、382/ソ/5, ISBN 9784055008525
『なぜ?どうして?身近なぎもん 3年生』学研教育出版、2011年9月、74頁、049/ナ/3, ISBN 9784052033964
相馬弁保存会 方言笑い噺  http://emosuzu.fc2web.com/warai.html  2014年11月2日最終確認
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000161493解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決