このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161480
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図 -731
事例作成日
(Creation date)
2014年9月30日登録日時
(Registration date)
2014年10月25日 17時56分更新日時
(Last update)
2015年02月18日 17時59分
質問
(Question)
火打石について。 図版など。
回答
(Answer)
下記資料で火打石になりうる石が確認されたが、鮮明な写真図版は掲載されていなかったため、岩石自体については図鑑で。図鑑の説明には「火打石」という用途の記述はなし。

『火をつくる』 大月書店
P76-「ヒバナ(火花)式発火法」 P82-83 「ヒウチイシの選び方」に石のモノクロ写真(黒曜石、メノウ、サヌカイト、水晶と石英)「要するにかたい石ころなら何でもよい」と記載。
『火をつくる』裳華房
4章 火打金と火打石による発火 「火打発火用の道具類」p64「火打石」「火打石は(中略)石英・水晶・フリント・メノウなどの硬いケイ酸質の鉱物で、発火性のよいためには割れ口が尖った刃になるようなものがよく、石英ならばどこのものでもよいというわけではありません。」江戸時代の有名な産地を記載。鞍馬の火打石を畚(ふご)というケーブルで鞍馬寺の参詣人に売ること=「ふごおろし」と火打石のモノクロ図あり。
『火おこしの技術』P29-30「火打石」「火打金に打撃を加えたとき、鋼鉄の粒を削り取れるていどの硬度6.5-7)があればいい。中略あるていど大きめの角ばった石がよい」例として黒曜石、メノウ、サヌカイト、水晶、ホルンフェルス、花こう岩や玄武岩の仲間。これらのモノクロ写真1枚あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
燃料.爆発物  (575 8版)
参考資料
(Reference materials)
『火をつくる』(シリーズ子どもとつくる 2) 大月書店 1983 (PV:0000634592 3757=L3)
『火をつくる』 裳華房 1991 (PV:0005116122 5758=M1)
『火おこしの技術』(たのしい手作り教室) 民衆社 1987 (PV : 0005002442 57=L7
57=L7
PV:00005002442 57=L7)
『原色岩石図鑑』保育社 1987 (pV:6000014689 458=L7)
キーワード
(Keywords)
鉱石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000161480解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!