このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161105
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢狭山-2014-005
事例作成日
(Creation date)
2013/08/25登録日時
(Registration date)
2014年10月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月17日 11時29分
質問
(Question)
白血病にはどんな種類があるのか知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に掲載があります。また、インターネットの「 国立がん研究センターがん対策情報センター」のサイトにも記述があります。 
 〇『家庭の医学』 主婦の友社 2004年
 〇『家庭の医学』 成美堂出版 2013年
 〇『血液のガン』 講談社 2005年
 〇『血液の病気』 誠文堂新光社 2009年
 〇『白血病を治す』 講談社 1994年
 〇『最新医学大辞典』 医歯薬出版 1996年
 〇『家庭の医学』 保健同人社 2008年
 〇『家庭の医学』 柳下徳雄/編集 小学館 2003年
回答プロセス
(Answering process)
1. 所蔵資料の内容確認 
 〇『家庭の医学』 主婦の友社 2004年
  p.166~167 白血病の種類についての記載あり。急性型と慢性型があり、それぞれに骨髄性とリンパ性があるとのこと。また白血病に類似、移行する可能性のある病気として「骨髄異形成症候群」があげられている。
 〇『家庭の医学』 成美堂出版 2013年
  p.702~703 以下の種類があるとの記述あり。「急性骨髄性白血病」「急性リンパ性白血病」「慢性骨髄性白血病」「慢性リンパ性白血病」「骨髄異形成症候群」「成人T細胞白血病」
 〇『血液のガン』 講談社 2005年
  p.50  急性白血病について記載あり。
  p.58  慢性白血病についての記載あり。
  p.48  「成人T細胞白血病リンパ腫」について記載あり。
  p.66  「急性前骨髄球性白血病(API)」についての記述あり。
 〇『血液の病気』 誠文堂新光社 2009年
  p.112~p.113 白血病の種類に関して、「急性と慢性があり、それぞれに骨髄性とリンパ性がある」と記述あり。
 〇『白血病を治す』 講談社 1994年
  p.148~149 白血病の種類に関しては「急性骨髄性白血病」「急性リンパ性白血病」「慢性骨髄性白血病」「慢性リンパ性白血病」「成人T細胞白血病」があげられている。
 〇『最新医学大辞典』 医歯薬出版 1996年
  p.1368「白血病」の項目は以下のように書かれている。「(前略)主として増殖細胞が幼若型であるものを急性とし、成熟型であるものを慢性としている。増殖している細胞の帰属に従って、さらにリンパ性、骨髄性、単球性、骨髄単球性などに分けている。その他の腫瘍細胞が、骨髄または末梢血中に多数出現した場合にも白血病とよぶことがある。巨核球性白血病、肉腫性白血病、癌細胞性白血病などである。
 〇『家庭の医学』 保健同人社 2008年
  p.854~857 「白血病」の項目に、「白血病は、増殖している細胞の形態から急性型と慢性型にわけられます。-(中略)ーまた、異常に増殖している血球の性質から、骨髄性とリンパ性に分けられます。-(中略)ー急性白血病は、大きく急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病の2つに分けられ、細胞の形態、細胞の表面形質、染色体変化などによりそれぞれさらに細かく分類されています(FAB分類)。」、「FAB分類 : 国際的に使用されている分類方法で、急性骨髄性白血病は8つに、急性リンパ性白血病は3つに分けられてます。」と記述あり。
 〇『家庭の医学』 柳下徳雄/編集 小学館 2003年
  p.686~687 「急性白血病 未熟な血球(白血病細胞)の種類によって、骨髄性とリンパ性に大別される。」「慢性白血病 骨髄性とリンパ性に分けられー」「成人T細胞白血病」の記述あり。
 
2. web調査
 
 〇「がん情報サービス 白血病の診断と治療」(独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター) 
   •急性骨髄性白血病  •急性リンパ性白血病  •骨髄異形成症候群   •慢性骨髄性白血病  •成人T細胞白血病リンパ腫  •慢性リンパ性白血病 の説明あり。
 △「がん(癌)のき・ほ・ん 白血病の種類と分類」 骨髄性白血病とリンパ性白血病があり、「急性」と「慢性」があるとの記載あり。
 
3. 該当のなかった資料、webサイト
 
 ×『からだと病気のしくみ図鑑』 法研 2012
 ×『血液学の源流 2』 西村書店 1982
 ×『病気と症状がわかる事典』 日本文芸社 2006
 ×「国立国会図書館 レファレンス共同データベース」…白血病の概要を知りたいというレファレンスデータはありました。
 ×「CiNii」…「白血病 種類」等でタイトル検索しましたが該当するものは見つかりませんでした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
基礎医学  (491 9版)
内科学  (493 9版)
家庭衛生  (598 9版)
参考資料
(Reference materials)
家庭の医学 主婦の友社 2004.10 598.3 4-07-242690-3
家庭の医学 野村馨/総監修 成美堂出版 2013.5 598.3 978-4-415-31538-6
血液のガン 飛内賢正/監修 講談社 2005.12 493.29 4-06-259401-3
血液の病気 檀和夫/著 誠文堂新光社 2009.5 493.17 978-4-416-80934-1
白血病を治す 奈良信雄/著 講談社 1994.12 493.173 4-06-257046-7
最新医学大辞典 後藤稠/[ほか]編 医歯薬出版 1996.3 490.33 4-263-20825-0
家庭の医学 保健同人社 2008.10 598.3 978-4-8327-0390-2
家庭の医学 柳下徳雄/編集 小学館 2003.3 598.3 4-09-303211-4
がん情報サービス 白血病の診断と治療(独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター) http://ganjoho.jp/public/cancer/index.html 2014/09/10
キーワード
(Keywords)
病気
疾患
白血病
血液
白血球
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000161105解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決