このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160829
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 14-0020
事例作成日
(Creation date)
2014/05/20登録日時
(Registration date)
2014年10月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月13日 00時30分
質問
(Question)
日本の民謡の譜面(一般的な楽譜ではなく、節などが表記されている民謡独自のもの)が載っている本を借りたい。
 (※特定の民謡曲を探しているわけではない。譜面を見ながら唄いたい。研究者ではない。)
回答
(Answer)
土着の生活に深く根付いている民謡関係の資料では、ふるさと郷土関係の民俗関係としての資料と音楽関係としての資料がある。
譜面が掲載されているものとしては音楽関係の資料が圧倒的だが、日本各地のふるさとを端的に表わした民俗分類において収蔵している音楽資料も少なくない。
中から、当館で所蔵する譜面が載っている民謡関係の資料を調査。
 ⇒下記資料のうち7冊を貸し出し。

1 日本民謡大観
 12巻の大部なもの。全国における伝承状況を調査したもので、NHKが50年にわたって調査してきたものを記録した『日本民謡大観』が刊行されている。収録数が多く、県別に細かく採録調査を進められていることがうかがえる。譜面は五線譜に歌詞がひらがなで記載。(合いの手はカタカナ) すべてではないが、囃子にあたる「打物」も五線譜下に重ねて記載されている。 収録数が多いので、特定の地域、曲目を探す場合に便利。詞の節回しは附録するカセットテープが参考になる。

2 日本民謡全集
 雄山閣60周年で出版された全5巻の民謡全集。県別に民謡概況と風土と芸能、そして主要曲の解説がある。譜面は主要曲解説のみ掲載され、各県10曲前後が紹介される。譜面の特徴は、三味線譜、尺八譜、五線譜が掲載されている。(一部略) 中には五線譜に三味線譜を重ね合わせたものもある。唄自体は五線譜、尺八譜に長音が付されている程度(伸ばす場合には、次の音まで棒線でつなぐ形)で記載される。音階は音符の方で判断する。

3 日本の民謡曲集 1・2
 副タイトル「故郷の心のあの歌この歌」と付けられた民謡曲集。1曲見開きで、歌詞と五線譜面が大きな文字で掲載されている。東西の2分冊に分けて収録されている。譜面は見開き左に五線譜、右に歌詞とシンプル。民謡独自の記号は特に付けられていない。各冊80曲程度を収録。曲名の索引が付く。(東日本を収録するⅠは北方資料室資料)

4 ふるさとの民謡 Ⅰ みんなで歌える!
 東西に分けて2分冊で出版された民謡集。五線譜にピアノ伴奏譜まで付いているため、学校や児童への指導に向いた内容が特徴。北海道を含むⅠのみ収蔵。(北方資料室資料)児童でも読める大きな活字が特徴。歌詞の譜面自体は標準的なもの。

5 五線譜による北海道民謡集
 複雑な民謡の節回しをとにかく五線譜で表わそうと編集された資料。北海道に限定して79曲が収録される。「荒雪けずり」は「あ-らゆ きイイ け-ずウ ウ ウ り- イ イ イ イ」のように五線譜に記載されている。

6 全国民謡集
 日本民謡協会北海道支部連合会で刊行されたもの。「教科」の文字が見えるので教本で使われていたものかもしれない。250曲以上を収録する。譜面にはト音記号はなく、五線に音府の代わりに歌詞のひらがなが音程に合わせて記載されたものを掲載する。

7 民謡のおけいこ集
 北海道民謡連盟最高師範を務められていた吉田源氏による民謡教本。副タイトルに「目と耳で!手拍子で歌おう!!」とあるとおり、手拍子の箇所や三味線譜を参考にするなど、実演をいかに譜面に再現できるかという著書の工夫が満ち溢れた内容になっている。「6 全国民謡集」と同様に、五線譜には音符ではなく、ひらがなが音階に書き込まれている。翌年、続編にあたる第2集を自費出版している。

8 一般的な譜面付き民謡曲集
 道立図書館にはポケット判の歌唱曲集が多数所蔵されている。この中に民謡曲についても所蔵している。いずれも、古くから伝わる代表的な民謡の採譜と伴奏を含めて作曲(編曲)されている。『日本民謡曲集』『同 続』(音楽の友社)『日本の民謡』(野ばら社)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本民謡大観 東北篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1992.9 767.51/NI

2 日本民謡大観 関東篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1992.9 767.51/NI

3 日本民謡大観 中部篇(北陸地方) 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1992.9 767.51/NI

4 日本民謡大観 中部篇(中央高地・東海地方) 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1993.7 767.51/NI

5 日本民謡大観 近畿篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1993.7 767.51/NI

6 日本民謡大観 中国篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1993.7 767.51/NI

7 日本民謡大観 四国篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1994.6 767.51/NI

8 日本民謡大観 九州篇(北部) 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1994.6 767.51/NI

9 日本民謡大観 九州篇(南部)・北海道篇 日本放送協会?編 日本放送出版協会 1994.6 767.51/NI

10 日本民謡全集 1 総論集 雄山閣出版 1976 388.91/NI/1

11 日本民謡全集 2 北海道・東北編 雄山閣出版 1975 388.9/NI

12 日本民謡全集 2 北海道・東北編 雄山閣出版 1975 388.91/NI/2

13 日本民謡全集 3 関東・中部編 雄山閣出版 1975 388.91/NI/3

14 日本民謡全集 4 近畿・中国・四国編 雄山閣出版 1975 388.91/NI/4

15 日本民謡全集 5 九州・沖縄編 雄山閣出版 1975 388.91/NI/5

16 日本の民謡曲集 1 北海道・東北・関東・甲信越編 神田/虔十?編著 メトロポリタンプレス 2013.10 767.5/NI

17 日本の民謡曲集 2 北陸・近畿・山陰山陽・四国・九州・沖縄編 神田/虔十?編著 メトロポリタンプレス 2013.10 767.51/NI/2

18 ふるさとの民謡 1 北海道・東北・関東・甲信越編 日名子 紀代∥編曲 湯川 徹∥編曲 汐文社 2007.8 388.9/F/1 北方資料

19 五線譜による北海道民謡集 河村 彰蘭∥採譜 成田 重信∥編集 河村彰蘭 2006.2 388.9/G 北方資料

20 全国民謡集 日本民謡協会北海道支部連合会∥編 日本民謡協会北海道支部連合会 1971 767.5/NI 北方資料 館内利用

21 民謡のおけいこ集 吉田 昭穂∥著 空知新報社 1990 767.5/Y

22 民謡のお稽古集 吉田 源鵬∥著 吉田良子 1991 767.5/Y

23 日本民謡曲集 坂本/良隆?著 音楽之友社 1956 767.5/SA/134

24 続 日本民謡曲集 坂本 良隆∥著 音楽之友社 1959 767/SA/133

25 日本の民謡 野ばら社 1960 767/N/130

1 日本の音階 東洋音楽学会?編 音楽之友社 1982.1 760.8/TO/9

2 日本伝統音楽の研究 1 民謡研究の方法と音階の基本構造 小泉文夫∥著 音楽之友社 1984.2 761.1/KO/1

3 口訳日本民謡集 仲井/幸二郎?著 日本図書センター 2013.7 388.91/KO 北海道から沖縄まで日本全国の民謡を、唄のうたわれた機会・情況・場所などの背景、その土地独特の意味を持つ方言を的確に捉えながら口訳する。民謡風土記も収録。
キーワード
(Keywords)
民謡
日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000160829解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決