このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160824
提供館
(Library)
北海道立図書館 (2110028)管理番号
(Control number)
参調 14-0023
事例作成日
(Creation date)
2014/05/23登録日時
(Registration date)
2014年10月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月13日 00時30分
質問
(Question)
大日本帝国海軍について、調べている。
①大日本帝国海軍の規律について、なるべく平易な内容で解説している資料はあるか。
②駆逐艦 電の乗員について、服務規程のようなものがあればこれを見たいのだが。
回答
(Answer)
① 大日本帝国海軍の規律について書かれた資料として
『海軍制度沿革(全26巻)』、『海軍諸例則(全15巻)』、『軍制講義案』を紹介。

初動調査として、インターネットサイト,レファレンス協同データベースで検索。
【検索語 帝国海軍,法 など】
その結果、「近代日本軍制概説」という資料がヒット(所蔵はなし)
改訂前の「軍制講義案」の所蔵があったため、これを参照。
上記資料の巻末参考文献一覧に、「海軍制度沿革」「海軍諸例則」
の記載あり。
いずれも海軍の軍政関連法規をまとめたものであることが、判明。
「海軍制度沿革」については、全26巻 「海軍諸例則」も全15巻で構成されており、
内容としては膨大かつ難解。条文については項目がかなり細かく分かれている。

②駆逐艦 電の乗員の服務規程については、これのみを扱ったものはなし。
「海軍諸例則」別巻104pに、各艦隊部隊には個別に内規のようなものがあったとの記載がある。
ただし、本の形としてまとまっているものではない模様。
「海軍制度沿革」巻三(2)に、艦船職員服務規程が収録されていたため、これを提供。
あわせて「海軍よもやま物語」を紹介。(実際に艦船の乗員であった著者の体験記。乗員の生活について
かなり詳細に書かれている。)
なお「海軍諸例則」については、国会図書館デジタルラブラリーにて公開されており閲覧可能。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海軍  (397 7版)
参考資料
(Reference materials)
1 海軍制度沿革 巻1 第1篇 皇室 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/1

2 海軍制度沿革 巻10 1 海軍省?編 原書房 1972 397.2/KA/10-1

3 海軍制度沿革 巻10 2 海軍省?編 原書房 1972 397.2/KA/10-2

4 海軍制度沿革 巻11 1 海軍省?編 原書房 1972 397.2/KA/11-1

5 海軍制度沿革 巻11 2 海軍省?編 原書房 1972 397.2/KA/11-2

6 海軍制度沿革 巻12 第24篇 教育 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/12

7 海軍制度沿革 巻13 1 海軍省?編 原書房 1971 397.2/KA/13-1

8 海軍制度沿革 巻13 2 海軍省?編 原書房 1971 397.2/KA/13-2

9 海軍制度沿革 巻14 第25篇 訓練(続) 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/14

10 海軍制度沿革 巻15 第27篇 海軍区港湾 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/15

11 海軍制度沿革 巻16 Ⅰ 第30編 医務・衛生 海軍省∥編 原書房 1972.8 397.2/KA/16-1

12 海軍制度沿革 巻16 Ⅱ 第31編 戒厳・徴発・動員・出師準備 海軍省∥編 原書房 1972.8 397.2/KA/16-2

13 海軍制度沿革 巻17 1 第32篇 法務.第33篇 対外事項.第34篇 条約 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/17-1

14 海軍制度沿革 巻17 2 第34篇 条約 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/17-2

15 海軍制度沿革 巻18 1 第35篇 会計 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/18-1

16 海軍制度沿革 巻18 2 [第35篇] 会計[2] 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/18-2

17 海軍制度沿革 巻2 第2篇 官制 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/2

18 海軍制度沿革 巻3 1 第2篇 官制 続 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/3-1

19 海軍制度沿革 第3 2 第2篇 官制 続 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/3-2

20 海軍制度沿革 巻4 1 第3篇 編制警備.第4篇 官職等級.第5篇 分限服役.第6篇 補任考課 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/4-1

21 海軍制度沿革 巻4 2 第6篇 補任考課 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/4-2

22 海軍制度沿革 巻5 第7篇 身上取扱.第8篇 執務休暇.第9篇 徴募召集 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/5

23 海軍制度沿革 巻6 第10篇 位勲褒賞.第11篇 賜金恩給 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/6

24 海軍制度沿革 巻7 第12篇 服制旗章.第13篇 礼式礼砲.第14篇 祝祭葬喪 海軍省∥編 原書房 1972 397.2/KA/7

25 海軍制度沿革 巻8 第15篇 艦船.第16篇 機関工作 海軍省∥編 原書房 1971 397.2/KA/8

26 海軍制度沿革 巻9 海軍省?編 原書房 1972 397.2/KA/9

27 海軍諸例則 別巻 海軍大臣官房?編 雨倉/孝之?解説 原書房 1994.8 397.1/KA/ベツ

28 海軍諸例則 巻1-1 海軍大臣官房∥編 原書房 1985.12 397.1/KA/1-1

29 海軍諸例則 巻1 3 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.2 397.1/KA/1-3

30 海軍諸例則 巻2 1 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.3 397.1/KA/2-1

31 海軍諸例則 巻2-2 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.8 397.1/KA/2-2

32 海軍諸例則 巻2-3 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.9 397.1/KA/2-3

33 海軍諸例則 巻2-4 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.10 397.1/KA/2-4

34 海軍諸例則 巻3-1 海軍大臣官房∥編 原書房 1986.11 397.1/KA/3-1

35 海軍諸例則 巻3-2 海軍大臣官房∥編 原書房 1987.6 397.1/KA/3-2

36 海軍諸例則 巻3-3 海軍大臣官房∥編 原書房 1987.8 397.1/KA/3-3

37 海軍諸例則 巻3-4 海軍大臣官房∥編 原書房 1987.10 397.1/KA/3-4

38 海軍諸例則 巻4-1 海軍大臣官房∥編 原書房 1988.1 397.1/KA/4-1

39 海軍諸例則 巻4-2 海軍大臣官房∥編 原書房 1988.2 397.1/KA/4-2

40 海軍諸例則 巻4-3 海軍大臣官房∥編 原書房 1988.8 397.1/KA/4-3

41 海軍諸例則 巻4-4 海軍大臣官房∥編 原書房 1988.10 397.1/KA/4-4

42 軍制講義案 三浦/裕史?著 信山社出版 1996.8 393.2/G

43 海軍よもやま物語 小林孝裕∥著 光人社 1980.3 397.21/KA
キーワード
(Keywords)
大日本帝国海軍
第二次世界大戦
日本海軍
法規
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵・事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000160824解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!