このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160745
提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
若松:一般 礒村2
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年10月10日 13時41分更新日時
(Last update)
2015年11月15日 16時53分
質問
(Question)
昔、芦屋は「芦屋千軒・関千軒」と言われていた。その芦屋千軒があった場所を知りたい。
回答
(Answer)
江戸後期の文政・天保年間(1818~43年)の頃、芦屋を国内交易の基点とし、伊万里焼を盛んに仕入れ、それを筑前焼と称して日本全国に売りさばいた芦屋商人を、旅行(たびゆき)商人と呼んだ。その旅行商人たちがもっとも盛んだったのは文政・天保期(1818~1843)で、その当時芦屋は「芦屋千軒・関千軒」と云われるほど下関と同格の扱いを受ける賑わいだった。
「芦屋千軒とは、江戸時代に栄えた芦屋町、唐津街道・芦屋宿のことを指すので、芦屋宿周辺の地図を紹介。現在の地図と比較したいとのことだったので、唐津街道の地図と現在の道路地図を提供した。

「街道と宿場町 アクロス福岡文化誌」の88頁に、芦屋千軒があった場所について詳しく記述があったので、こちらも提供して調査終了とした。
回答プロセス
(Answering process)
まず地名辞典で「芦屋村」を探し、江戸時代のどのあたりでそう呼ばれていたかを確認。
芦屋町誌の中で、髙山彦九郎が筑紫日記に「遠賀川を渡る。百二十五間。右の方垂間野(たるまの)の橋の跡坤に渡る。芦屋に橋本とて有。橋杭も有と伝ふ。渡りて芦屋町也千軒」と記述しており、この日記から江戸時代に繁栄していた町、芦屋町を指すことが判明。正確には芦屋宿周辺なので、唐津街道の資料をあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典 40 福岡県 」「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1988.3, ISBN 4-04-001400-6 (p111)
「芦屋町誌 増補改訂」 芦屋町誌編集委員会/編集 芦屋町役場 1991.6 (p258)
「唐津街道 豊前筑前福岡路 (九州文化図録撰書5)」 図書出版のぶ工房/編集 図書出版のぶ工房 2006.11 (p74,p80)
「ライトマップル 福岡県道路地図 3版」 昭文社 2012 (p34)
「街道と宿場町 アクロス福岡文化誌」 アクロス福岡文化誌編纂委員会/編 アクロス福岡文化誌編纂委員会 2007.1, ISBN 4-87415-617-9 (p88)
「私の筑豊物語」玉井 政雄/著 歴史図書社 1980.7 (p88 高山 正之の日記の記述あり。)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000160745解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決