このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160531
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0055
事例作成日
(Creation date)
2014/08/01登録日時
(Registration date)
2014年10月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年05月26日 14時00分
質問
(Question)
近江の伊吹山麓にあった古代の速水郷の概要と、歴史資料に現われる初見年代を知りたい。
回答
(Answer)
『古代地名大辞典 本編』によりますと、「はやみのごう 速水郷〈滋賀県湖北町〉 奈良・平安期に見える郷名。「和名抄」近江浅井郡十三郷の1つ。高山寺本の訓は「波世美」、東急本は「波也美」。平城宮跡出土木簡に「近江国浅井郡速水□」とあるのが初見(平城宮出土木簡概報16)。現在の湖北町速水あたりに比定される。(後略)」とあります。また、『滋賀県の地名』の近江国速水郷の項には、「「和名抄」高山寺本は「波世美」、東急本は「波也美」(ハヤミ)と訓ずる。高山寺本の世は也の誤写であろう。平城宮跡出土木簡に「近江国浅井郡速水□」とみえる。長岡京跡出土木簡の「速水尾張公吉戸白米五斗」の速水もあるいは当郷にかかわるか。(中略)郷域は遺称地とみられる現湖北町の東部、高時川右岸にあり速水・南速水を含む一帯とみて諸説一致する。」とあります。
上記の2つの文中の「和名抄」とは「和(倭)名類聚抄」のことで、『日本史文献解題辞典』によりますと、承平年間(931~938)の成立とされています。なお、湖北町は現在長浜市湖北町速水になっています。

平城宮跡出土木簡の「近江国浅井郡速水□」については、
下記のデータベースでも画像を確認することができます。
奈良文化財研究所木簡データベース
https://www.nabunken.go.jp/Open/mokkan/mokkan.html
(2016年5月 追加)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 古代地名大辞典 本編 角川文化振興財団∥編 角川書店 1999年 R-2910-カ p.1194-1195
2 滋賀県の地名 平凡社地方資料センター∥編集 平凡社 1991年 S-2900- 91 p.88
3 日本史文献解題辞典 加藤友康∥編 由井正臣∥編 吉川弘文館 2000年 R-2100-カ p.1144
4 東浅井郡志 第1巻 黒田惟信∥編 名著出版 1971年 S-2160-1 p.166-167
1 角川日本地名大辞典 25 「角川日本地名大辞典」編纂委員会∥編 角川書店 1979年 L-2900- 79 p.572-573,1026-1027
2 近江輿地志略 全 寒川辰清∥著 宇野健一∥改訂校註 弘文堂書店 1976年 L-2900-734 p.1014-1015
キーワード
(Keywords)
速水郷
和名抄
和名類聚抄
倭名類聚抄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000160531解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決