このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160528
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0047
事例作成日
(Creation date)
2014/08/01登録日時
(Registration date)
2014年10月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年10月03日 00時30分
質問
(Question)
岩波文庫の『古句を観る』(柴田宵曲著)に、「子を運ぶ猫の思ひや春の雨 里倫」という俳句が収録されている。この句が掲載された俳書の書名と発行者・発行年など基本的な書誌事項を知りたい。
回答
(Answer)
ご質問のありました句が掲載されている俳書は「俳諧猿舞師」です。『日本俳書大系 3』で確認しました。『元禄時代俳人大観 第2巻』によりますと、「俳諧猿舞師」は「京寺町二条上ル町/井筒屋庄兵衛板。松氏種文編。発句・連句集。半紙本一冊。(中略)元禄十一年寅歳七月(後略)」とあります。「元禄十一年」は西暦1698年です。
回答プロセス
(Answering process)
1. 『古句を観る』の中にある森銑三の解説「宵曲子とその著『古句を観る』」に、「『古句を観る』の古句は元禄時代芭蕉の息のかゝつた俳書から集めたのであるが、その中には芭蕉やその周囲の主だった人達の句は一つも採らず、無名作家の手になった作句ばかりを集めてゐる。」とあった。

2.『元禄時代俳人大観 第1巻』と『元禄時代俳人大観 第2巻』を調査し、「芭蕉庵小文庫」が元禄9年に、「俳諧猿舞師』が同11年に、「京寺町二条上ル町/井筒屋庄兵衛板。」で発行されていることを確認。

3.「蕉門」と「俳諧」をキーワードに資料を検索。『日本俳書大系 2』の巻名が「蕉門俳諧 前集」、『日本俳書大系 3』が「蕉門俳諧 後集」であることを確認。後者に「俳諧猿舞師」が収録されていて、質問のあった句が掲載さ;れていることを確認。

4.「俳諧猿舞師」の書誌事項は『元禄時代俳人大観 第2巻』の記載を回答。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 日本俳書大系 3 蕉門俳諧 後集 日本俳書大系刊行会 1926年 2-P308-3 p.300

2 元禄時代俳人大観 第2巻(元禄11年~宝永4年) 佐藤勝明∥編 伊藤善隆∥編 八木書店 2011.11 R-9113-ケ p.36-37

1 古句を観る 柴田宵曲∥著 岩波書店 1984年 3-IG-106 p.95,355
キーワード
(Keywords)
里倫
俳人俳諧猿舞師
井筒屋庄兵衛
松氏種文
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000160528解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!