このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160377
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14090914469173
事例作成日
(Creation date)
2014/9/6登録日時
(Registration date)
2014年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「デング熱」は蚊を媒介として感染すると聞いたが、他にも蚊を媒介として感染する感染症があれば知りたい。
回答
(Answer)
「デング熱」以外で蚊を媒介として感染する主な感染症はには、以下のものが挙げられている。

『蚊の科学』には、「第2章 蚊と人とのかかわり―吸血のメカニズムと人を悩ます感染症」の中で、「マラリア」、「黄熱」、「日本脳炎」、「西ナイル熱」、「ロスリヴァーウィルス性脳炎」、「東部馬脳炎」、「セントルイス脳炎」が蚊を媒介とする感染症として挙げられている。

『コレラが街にやってくる』には、「昆虫やダニが媒介する主な感染症」という表の中で、蚊が媒介する主な感染症として「バンクロフト糸状虫症」、「マラリア」、「黄熱」、「日本脳炎」、「セントルイス脳炎」、「ウエストナイル脳炎」が挙げられている。

『軍服のモスキート』には、「蚊の媒介する病」として、「マラリア」、「黄熱病」、「セントルイス脳炎」、「西部ウマ脳炎」、「東部ウマ脳炎」、「西ナイル熱ウィルス」、「フィラリア症」が挙げられている。

『感染症日本上陸』には、「虫が媒介する主な病気」という表の中で、蚊が媒介する主な病気として「日本脳炎」、「黄熱」、「ウエストナイル熱」、「チクングニヤ熱」、「マラリア」が挙げられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
荒木 修『蚊の科学』 日刊工業新聞社,2007,9,121p. 参照はp.41-56.
藤田 紘一郎『コレラが街にやってくる』 朝日新聞社,2002,229p. 参照はp.30.
リチャード・スウィフト『軍服のモスキート』 合同出版,2011,111p. 参照はp.13-20.
渡邊 靖彦『感染症日本上陸』 阪急コミュニケーションズ,2010,234p. 参照はp.66.
キーワード
(Keywords)
感染症,蚊
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014090914413169173
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000160377解決/未解決
(Resolved / Unresolved)