このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160350
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14062513069079
事例作成日
(Creation date)
2014/6/25登録日時
(Registration date)
2014年09月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
日本の海上空港は全部でいくつあるのか。それぞれの空港の特長について概説してある資料が見たい。
回答
(Answer)
『全国空港ウォッチングガイド2013』、『空港大図鑑』によると日本の海上空港は、長崎空港、関西国際空港、中部国際空港、神戸空港、北九州空港の5つが挙げられる。

以下、『全国空港ウォッチングガイド』より抜粋。
・長崎空港(1975年)「世界で始めての本格海上空港として、大村湾に浮かぶ小島(箕島)を造成し、海面の一部を埋め立てて建設」
・関西国際空港(1994年)「完全な人工島として造成されたものとしては国内初の海上空港」
・中部国際空港(2005年)「名古屋市から南へ35km離れた知多半島の常滑市沖に立地した海上空港」
・神戸空港(2006年)「三宮から約8km南のポートアイランド沖合いに建設された海上空港」
・北九州空港(2006年)「北九州の中心から東南東約15kmの周防灘海上に位置した海上空港」

同本には、その他空港の概要として各空港ごとに「空港の通称」、「空港種別」、「所在地」、「標点」、「面積」、「標高」、「運用時間」、「滑走路」、「空港アクセス」、「就航エアライン」、「航空管制周波数」、「空港平面図」、簡単な紹介もそれぞれ掲載されている。

また、各海上空港についての概要は、『空港をゆく』に長崎空港、『関西&伊丹空港 神戸空港 新日本の空港シリーズ3』に関西国際空港と神戸空港、『セントレア 日本の空港シリーズ2』に中部国際空港、『福岡&北九州空港 日本の空港シリーズ7』に北九州空港の記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
航空運輸  (687 9版)
参考資料
(Reference materials)
『全国空港ウォッチングガイド2013』 イカロス出版,2013.4,305p. 参照はp.152-155,p.162-169,p.224-226,p.230-233.
PHP研究所『空港大図鑑』 PHP研究所,2006.6,79p. 参照はp.9,p.64,p.66.
『空港をゆく』 イカロス出版,2013.12,113p. 参照はp.22-27.
AIRLINE『関西&伊丹空港 神戸空港 新日本の空港シリーズ3』 イカロス出版,2009.6,152p. 参照はp.12-75,p.123-138.
AIRLINE『セントレア 日本の空港シリーズ2』 イカロス出版,2005.6,129p. 参照はp.86-90.
AIRLINE『福岡&北九州空港 日本の空港シリーズ7』 イカロス出版,2007.3,120p. 参照はp.67-74.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014062513005969079
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000160350解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!