このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000159782
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014076
事例作成日
(Creation date)
2011年11月24日登録日時
(Registration date)
2014年09月14日 17時00分更新日時
(Last update)
2018年04月07日 16時08分
質問
(Question)
竜の指の数の意味を知りたい。日本と中国で違うのか?
回答
(Answer)
中国では位(象徴する人)によって決まりがあったようだが、日本では位というより時代によって違い、室町時代以降に「妖怪めいたものの指の数」として三本に定まってきたようです。

◆中国 
「皇帝の竜のみが、足に5つの鈎爪を持って描かれた。王子クラスでは鈎爪が4つ、宮廷の役人たちは3つの鈎爪しか許されなかった」
(『世界の神話百科 東洋編』)
「一見すると龍だが、皇帝の龍よりランクの低い蠎龍なのだ。爪の数を見ると確かに四本しかない」
(『図説 竜の歴史大事典』)
「指は五本が正しく、これは中国では皇帝の龍のデザインのしるしであったために、王侯貴族の龍の指は四本である」
(『図説 日本未確認生物事典』)
「中国では、大昔から龍は皇帝の象徴でしたので、一般庶民が龍を利用する(衣服の模様や家屋や調度品など)ことは禁じられていましたが、後世になって緩和されても、5本爪は皇帝のみが使用すると定められました。そうした理由で庶民は、3本爪を使用するようになりました」
(『龍の絵入門』)

◆日本
「鬼などの妖怪が三本指のため、妖怪視された近世の龍は三本の指であり、これが一般的となった」
(『図説 日本未確認生物事典』)
「中国の龍は足の指が三本なのに対して、日本では四本の指をそろえて書かれたものが多い」
「奈良時代の龍の指は鷲の脚をかたどったもので、指の数は五本、四本、三本と時によって異なっていたが、平安時代の龍は必ず四本で、熊手状に指がそろえられている。これが鎌倉時代になると四本、三本となり、室町時代以降は三本となる。鬼の指も室町時代には三本で、こうした妖怪めいたものの指は三本に定則化されていく」
(『図説 竜の歴史大事典』)
回答プロセス
(Answering process)
①神話・伝説の本を見る。

②民俗学の本を見る

③実際に絵を描く人が指の数が分からないと困るはずなので、7門の水墨画の本や、シンボル・モチーフを扱った本を見る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神話.神話学  (164 8版)
伝説.民話[昔話]  (388 8版)
芸術理論.美学  (701 8版)
参考資料
(Reference materials)
『図説 日本未確認生物事典』 笹間良彦 柏美術出版 1994 【R 388.1】
P78 龍蛇類の変化
『世界の神話百科 東洋編』 レイチェル・ストーン 山本史郎・山本泰子訳 原書房 2000【R 164.2】
 p422
『図説 竜の歴史大事典』 笹間良彦 遊子館 2006 【R 388】
P73 P105 P120
『世界の怪物・神獣事典』 キャロル・ローズ  村松一男監訳 原書房 2004 【R 388.0】
p282 東洋の龍
『図説 世界シンボル事典』 ハンス・ビーダーマン 藤代幸一監訳 八坂書房 2000 【R701】
『龍の話』 林巳奈夫 中央公論社 1993 【388】
『龍を描く 新装版』 寺野丹齋 日賀出版社 2008 【724.1】
『龍の絵入門 新装版』 干場哲鳳著 水野渥発行 耕文社 2008 (県内他館から借用)
p26 龍の足
キーワード
(Keywords)
神獣
妖怪
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000159782解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!