このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000159706
提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-949
事例作成日
(Creation date)
20140301登録日時
(Registration date)
2014年09月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年09月13日 00時30分
質問
(Question)
東大寺の大仏鋳造について、従事した技術者等の人数、作業工程、材料の一覧が掲載された資料はないか。
回答
(Answer)
参考資料1『東大寺要録』p.34-35, 37
p.37「縁起章第二」(造寺材木知識記)に次の記述あり。
 「材木知識五萬一千五百九十人
 役夫一百六十六萬五千七十一人
 金知識人 卅七萬二千七十五人
 役夫五十一萬四千九百二人」

同じく「縁起章第二」中のp.34-35には、返り点付漢文で各部分の寸法や材料について書かれている。


参考資料2『奈良の大仏 日本人はどのように建造物をつくってきたか 2』
 大仏鋳造の作業工程について、図を多く用いて判り易く解説している。
 また、p.78には以下の記述がある。
「大仏と大仏殿の建立にたずさわった延べ人数は、材木関係の技術者が五万一千五百九十人、その配下の労働者が百六十六万五千七十一人、また、金属関係の技術者が三十七万二千七十五人、その配下の労働者が五十一万四千九百二人、あわせて延べ二百六十万三千六百三十八人と記録されており、当時の国民の約二人に一人が工事に参加」

参考資料3『東大寺』p.56-57
 “御本尊”の寸法と共に、所用の材料について、以下のように記している。
 「熟銅 七十三万九千五百六十一斤
 練金 一万四百三十六両」
 白○(金へんに葛) 一万二千六百十八斤
 水銀 五万八千六百二十両
 炭  一万六千六百五十六石」

参考資料4『大漢和辞典 巻11』p.636
 上記の“金へんに葛”の漢字の読みについて、“すず”としている。
回答プロセス
(Answering process)
「東大寺」「大仏」などをキーワードに所蔵検索。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏像  (718 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 東大寺要録 筒井 英俊/編 全国書房 1944 188/35/S7 p.34-35, 37
2 奈良の大仏 香取 忠彦/著 草思社 1981.4 718/5/S5 p.78
3 東大寺 上司 海雲/著 秋田書店 1974.1 188/35/S6 p.56-57
4 大漢和辞典 巻11 諸橋 轍次/著 大修館書店 1959 813/2R/6-11 p.636
キーワード
(Keywords)
東大寺 大仏 冶金 仏教 奈良時代 金属工学 公共事業
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000159706解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決