このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000159615
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-195
事例作成日
(Creation date)
2014年06月22日登録日時
(Registration date)
2014年09月10日 16時58分更新日時
(Last update)
2014年10月01日 17時51分
質問
(Question)
『原敬日記』の明治28年10月18日に記されている、①川上参謀次長と②萩原警部のフルネームを知りたい。
回答
(Answer)
①川上参謀次長について

『日本陸海軍総合事典』p49 「川上操六」の項目に《(明治)26.10~31.1 参謀本部次長》と記載がある。原が日記に記したころと経歴は一致していることから、川上操六と確認できる。また『原敬日記』同年8月5日のところに、《川上操六》と氏名が記されている。

②萩原警部について
 
『原敬日記』には「朝鮮・閔妃(ミンビ)殺害事件」が記されており、萩原警部についても《今回の事件に関係せし者なり》と原は記している。
この事件について掲載されている『明治ニュース事典5 明治26年/明治30年』には、p456「朝鮮退去の民間人相次いで収監〔明治28年11月1日 東京朝日〕」の項に萩原警部が逮捕されたと記述があり、p457「事件の予審終結決定書の全文〔明治29年1月23日 時事〕」に事件の被告人の氏名に《萩原秀次郎》という名が見られた。他に萩原という名字の人物はなし。
 また、角田房子∥著『閔妃暗殺』p296~297に《現場の指揮は萩原秀次郎警部の担当であった》との記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
・検索サイトgoogleで、「川上」「参謀次長」をキーワードに検索。ヒットした「川上操六」を各人名事典で調査。
・『日本陸海軍総合事典』で経歴を確認。
・『原敬日記』明治28年10月8日で触れられている事件について、『明治ニュース事典』で調査。事件関係者の中に、萩原姓の秀次郎の名を確認した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 9版)
個人伝記  (289 9版)
国防史.事情.軍事史.事情  (392 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原敬日記 1』原 敬∥[著]原 奎一郎∥編 福村出版∥出版 2000年, ISBN 4571315317 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003015540-00 )
『日本陸海軍総合事典』秦 郁彦∥編 東京大学出版会∥出版 2005年, ISBN 4130301357 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007913368-00 )
『明治ニュース事典 5 明治26年-明治30年』毎日コミュニケーションズ∥出版 1985年, ISBN 4895631052 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001726868-00 )
『閔妃暗殺』角田 房子∥著 新潮社∥出版 1988年, ISBN 4103258063 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001901040-00 )
キーワード
(Keywords)
原敬日記
川上
参謀次長
萩原
閔妃殺害事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000159615解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!