このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000159143
提供館
(Library)
三重県立図書館 (2110033)管理番号
(Control number)
30001482
事例作成日
(Creation date)
20140321登録日時
(Registration date)
2014年08月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年11月15日 11時41分
質問
(Question)
松阪の古代の海岸線を調べています。時代は国分寺創建前後になります。地質調査や考古学などにより、研究の成果があればお知らせください。また昔は海だったことを伺わせる地名や神社址の記録があれば、併せてお願いいたします。
回答
(Answer)
松阪の海岸線(松阪低地、櫛田川低地)については、以下の資料に記述がありました。
 
地質についての調査報告  
(1)『沿岸海域基礎調査報告書 松阪地区』(建設省国土地理院 1975)
(2)『土地条件調査報告書 伊勢湾西部地域』(建設省国土地理院 1969)
(3)『松阪市史 第1巻 史料篇 自然』(松阪市史編さん委員会/編著 蒼人社,勁草書房(発売) 1977) 
 1:40000の土地条件図が掲載されているほか、松坂低地、櫛田川低地の概要が掲載されています。
(4)『三重県地質図集』(磯部 克/編著 三重県高等学校理科教育研究会 1986)
(5)『松阪 1:25000土地条件図』(国土地理院 1969)に盛土地、埋土地、干拓地などの人口地形が色と記号で示されていますので、おおよそではありますが、人口地形と自然地形の区別が可能です。
     
沿岸部の遺跡の報告書
(6)『松阪市史 第2巻 史料篇 考古』(松阪市史編さん委員会/編著 蒼人社,勁草書房(発売)  1978) 
 地区ごとの、遺跡・古墳についての報告が掲載されています。櫛田、松ヶ崎、朝見、西黒部、東黒部、漕代などが海岸に近い地区です。
(7)『三重県松阪市遺跡地図』(松阪市教育委員会/編集 松阪市教育委員会 2008)
 遺跡の位置、時代が分かります。
(8)『松阪市埋蔵文化財発掘調査報告 2006年度』(三重県松阪市教育委員会/編 三重県松阪市教育委員会 2008) 
 比較的海岸線に近い弥生時代の遺跡「権現角遺跡」の報告が掲載されています。

海にかかわりのある、地名・神社の由来について
『地名の由来から知る日本の歴史』(武光 誠/著 ダイヤモンド社 2004)によると、海に関係する地名としては、「浜」「磯」「海」「浦」「崎」「鼻」などがあるとのことです。松阪市には小字まで含めると多数の地名があります。小字までの地名は(9)に掲載されています。
(11)~(13)は国立国会図書館のホームページで閲覧が可能です。
(9)『角川日本地名大辞典 24 三重県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983)
(10)『日本歴史地名大系 24 三重県の地名』(平凡社 1983)
(11)『勢陽五鈴遺響 3 安濃郡 一志郡』(安岡 親毅/著,倉田 正邦/校訂 三重県郷土資料刊行会 1976)
  『勢陽五鈴遺響. 7 一志郡 自1ノ巻至6ノ巻』(国立国会図書館デジタルコレクション) ※(11)の元資料です。
     http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765790

(12)『勢陽五鈴遺響 4 飯野郡 飯南郡 多気郡』(安岡 親毅/著,倉田 正邦/校訂 三重県郷土資料刊行会 1977)
  『勢陽五鈴遺響. 8 飯野郡 全,飯高郡 自1ノ巻至7ノ巻』(国立国会図書館デジタルコレクション) ※(12)の元資料です。
     http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765791

(13)『伊勢名勝志 復刻』(宮内 黙蔵/著 三重県郷土資料刊行会 1974)
  『伊勢名勝志』(国立国会図書館デジタルコレクション) ※(13)の元資料です。
     http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/765417
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
江戸時代の海岸線は、古地図としてありましたが、すでに新田開発が進み、古代の姿をイメージ出来ませんでした。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
沿岸海域基礎調査報告書 松阪地区 建設省国土地理院 1975
土地条件調査報告書 伊勢湾西部地域 建設省国土地理院 1969
松阪市史 第1巻 松阪市史編さん委員会/編著 蒼人社 1977
三重県地質図集 磯部 克/編著 三重県高等学校理科教育研究会 1986.
松阪 国土地理院 1969.3
松阪市史 第2巻 松阪市史編さん委員会/編著 蒼人社 1978
三重県松阪市遺跡地図 松阪市教育委員会/編集 松阪市教育委員会 2008.3
松阪市埋蔵文化財発掘調査報告 2006年度 三重県松阪市教育委員会/編 三重県松阪市教育委員会 2008.3
地名の由来から知る日本の歴史 武光 誠/著 ダイヤモンド社 2004.6, ISBN 4-478-92039-7
角川日本地名大辞典 24 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1983.6, ISBN 4-04-001240-2
日本歴史地名大系 24 平凡社 1983.5, ISBN 4-582-49024-7
勢陽五鈴遺響 3 安岡 親毅/著 三重県郷土資料刊行会 1976
勢陽五鈴遺響 4 安岡 親毅/著 三重県郷土資料刊行会 1977
伊勢名勝志 宮内 黙蔵/著 三重県郷土資料刊行会 1974
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000159143解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!