このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158987
提供館
(Library)
東京大学附属図書館 (3100002)管理番号
(Control number)
ASK0000021160
事例作成日
(Creation date)
2013年11月25日登録日時
(Registration date)
2014年08月28日 11時50分更新日時
(Last update)
2014年12月26日 13時27分
質問
(Question)
タイピストの事務仕事に関して具体的な記述がある資料(20世紀前半/日本)の検索

「20世紀日本におけるタイプライターのメディア史」について調べております。主に、
(1)日本に普及した邦字、カタカナ、アルファベット式タイプライターがどのような社会空間に広がっていき、
(2)タイピストという使用者の身体にどのような経験をもたらし、オフィス空間にどのようなジェンダー的な政治性をもたらしたかを調べています。
(1)と(2)の両方に関わることなのですが、20世紀前半の日本においてタイプライターが普及したのは主に企業そして大学をはじめとする教育機関であることが、経営雑誌『マネジメント』(マネジメント社)、やアルファベット式タイプライターの輸入販売を引き受けた丸善のPR誌『学鐙』のタイプライター広告から判明してきました。ほとんどの企業や大学でタイプライターは用いられたようです。そこで現在、企業や大学の視点から、購入し使用したタイプライターについて、また働きだしたタイピストについての具体的な記述を探しています。そのため、社史や大学○年史に当たっているのですが、タイピストやタイプライターについての記述はほとんど見つかりません。業績の拡大や新商品の発売、営業区域の広がり、また大学発足や新講座の開設、当時の学問の動向等が主な焦点で、タイプライターやタイピストを含む事務仕事については触れられないのです。
何か事務の内実に迫る格好の資料、ないしは良案がありましたら、是非ともご教授ください。オフィスや大学の側からの、タイプライターとタイピストについての経験の記述を求めています。伝記に当たるのも一つの手だと思っています。
回答
(Answer)
○女性労働史の観点で調べてはいががでしょうか。JapanKnowledge Libを「職業婦人」というキーワードで検索すると、参考文献が2件あります。
・三井礼子編『現代婦人運動史年表』(三一書房, 1963年)駒場図所蔵あり
・西清子『職業婦人の五十年』(日本評論新社, 1955年)社研所蔵あり
『現代婦人運動史年表』を実際に見ることができましたが、巻末の索引を調べると、タイピストとその組合に関する記事が数件載っています。
日本女子商業学校 タイプライターの教授を開始(1908.9.17)、 全国タイピスト協会結成(1920.3.27)、婦人事務員協会・婦人タイピスト組合らが加わった職業婦人団体の連盟が結成され『職業婦人』が機関誌となった(1923年)ことなど、参考になりそうです。

○上記の日本女子商業学校は日本で初めての女子を対象とした商業学校で、現在の嘉悦学園につながるそうです。その後、全国各地に女子商業学校が作られますが、国立国会図書館サーチを「女子 商業」で検索すると 多数の資料がヒットします。このうち、全文デジタル公開されている『京都市立女子商業学校一覧』 昭和13年7月を閲覧すると、タイプライチングの教員2名が在職すること(p12)、第二学年教科書として西村次郎著『邦文タイプライター教科書』が用いられたこと(p19)がわかります。

○同じく国立国会図書館サーチを「タイピスト」で検索すると、さまざまな資料が見つかります。必ずしも学術的な資料ではないので、CiNii Booksよりも国立国会図書館のほうが所蔵資料が多くなるようです。
・湯地利市『タイピスト管理』(マネジメント社調査部, 1938年)
・日本書字機商会編輯部 編『邦文タイピスト手ほどき』(日本書字機商会, 1916年) [全文デジタル公開]
・『英文タイピスト要論 第1巻』(大阪タイピスト女学校同窓会, 1940年) [全文デジタル公開]
※第一篇 第二章 タイピストは婦人の最適職業/第三章 タイピストは 月給頭/第四章 タイピスト全盛時代/ 第二篇 第一章 タイピストとは何ぞや/ 第二章 タイピスト出現/第三章 タイピストは最高職業婦人 ... といった興味深い叙述が見られます。
・桜田常久『従軍タイピスト』(赤門書房, 1941年)
・中川伊都子『タイピストの記録』(東陽閣, 1941年)
・『職業婦人調査 タイピスト・事務員・交換手・店員,看護婦・産婆』 (中央職業紹介事務局, 1927年) [全文デジタル公開]
※p9-66にタイピストについての各種詳細統計あり

○学術雑誌以外の一般誌の記事を所蔵する大宅壮一文庫の『大宅壮一文庫雑誌記事 索引総目録』(駒場図所蔵あり)では、20世紀前半の記事も検索できます。同件名編を「職業婦人」で検索すると多数の20世紀前半の記事が見つかりますので、この中にタイピストについての記事があるかもしれません。 (『大宅壮一文庫雑誌索引検索 Web版』をキーワード検索するよりも同件名編では多くの記事が見つかりました)なお、 大宅壮一文庫(世田谷区)は有料の図書館ですので、利用の際にはご留意ください。 http://www.oya-bunko.or.jp/

○その他、Web上の和文タイプライター史文献として、以下のものが見つかりましたので、念のためご紹介します。
・安岡 孝一『タイプライターに魅せられた男たち』第48回~第60回 黒沢貞次郎(Sanseido World-Wise Web) http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2012/08/23/kurosawa1/
・黒澤貞次郎「タイプライターの沿革」昭和二年二月開催(和文印刷 電信機施設技術官講習会講習資料の一部)、昭和二年十月開催 (印刷電信機運用講習資料の一部) http://kurosawa.pagesperso-orange.fr/enkaku.html
・「タイプライター」国産品は過渡期 注目すべき極東製品の擡頭 大阪時事新報 1929.9.17-1929.9.18(神戸大学附属図書館新聞記事文庫) http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=00063188&TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=null

以上、資料の一例になりますが、これらの参考文献からまたお調べになっては いかがでしょうか。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
三井, 礼子, 1905-1989 , 三井礼子 編. 現代婦人運動史年表. 三一書房, 1963. (日本現代史年表)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001387810-00
西, 清子, 1907- , 西清子 著. 職業婦人の五十年. 日本評論新社, 1955.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001351619-00
大宅壮一文庫 編著 , 大宅壮一文庫. 大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 1988~1995 件名編. 紀伊国屋書店, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002547516-00
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000158987解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!