このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158802
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
市民2014-事8
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年08月23日 16時39分更新日時
(Last update)
2016年11月11日 19時51分
質問
(Question)
以前、いろいろなストレスをランキングした表を見たことがある。
1位は「配偶者の死」とあったが、その表をもう一度見たい。
回答
(Answer)
 下記3冊の、記載ページを提供した。
『ストレスマネジメント入門』p29の図表4「「ライフイベンツにおけるストレスの度合い」(出所)ホームズ&レイ社会的適応評価尺度」
『ストレス危機の予防医学』p74の「表Ⅱ-Ⅰ 社会的再適応評価尺度」
『ストレス科学事典』p426の「社会再適応評価尺度」の項目。
 ちなみに、「1位 配偶者の死、2位 離婚、3位 夫婦別居、4位 拘留、5位 親族の死」となっている。
回答プロセス
(Answering process)
 まずインターネットで検索してみると、1968年にアメリカの精神科医Thomas Holmes と Richard Raheが発表した 「Holmes and Rahe stress scale」に基づく「生活とストレス」(ライフイベント)という表をみつけた。1位は質問者の記憶どおり「配偶者の死」なので、この表の載った資料を探してみる。また、表と共に目にした「ストレス強度」「ストレス・マネージメント」というキーワードでの所蔵検索や、医学関係の書架から直接、記載の可能性が高そうな『ストレス科学事典』『ライフ・イベントの社会学』『ストレス百科事典』『大日本百科全書』『医療心理学を学ぶ人のために』『精神・心理症状学ハンドブック』等を手に取って確認するも、みつからない。
 さらに、調査範囲を広げ、『ストレスマネジメント入門』p29と『ストレス危機の予防医学』p74に、その表をみつけた。
 この段階で、ランキングのおおよその名称もわかったので、改めて『ストレス科学事典』をひいてみると、上記の表と共に、解説も載っていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『ストレスマネジメント入門』 島悟/著 日本経済新聞出版社 2007年
『ストレス危機の予防医学』 森本兼曩/著 日本放送出版協会 1997年
『ストレス科学事典』 日本ストレス学会/監修 実務教育出版 2011年
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000158802解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!