このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158529
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
16622
事例作成日
(Creation date)
2014年08月20日登録日時
(Registration date)
2014年08月20日 17時44分更新日時
(Last update)
2017年10月21日 15時48分
質問
(Question)
乾城や森次郎左衛門(森二郎左衛門)についての関連資料は?
回答
(Answer)
次の所蔵あり。

 (1)国訳 全讃史 復刻讃岐叢書 中山城山/著 藤田書店 1972.8 (K2100 N1 3)

   ※「巻之九 古城史」という古城が一覧になったものの中に「乾城(p.373)」の項あり。
    全文は次のとおり。
     「乾城 川東上村の乾地に在り 森次郎左衛門、之に居りき。陸奥六郎義隆の末孫なり。細河に従へり。」

 (2)讃岐香川郡志 香川県教育会 香川郡部会  1944 (K2320 A1 )

   ※p.209「森二郎左衛門」の項あり。

     国立国会図書館デジタル化資料の次のURLで該当部分を確認できる。 
       http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1043830/128


 (3)香川町史 香川町史編集委員会/編 香川町 1970.11 (K2322 K1)

   ※p.46に「森氏の来住」の項あり。全文は次のとおり。
     「森二郎左衛門は摂州堺の人であったが、貞治年中に細川頼之にしたがって井原郷に来た。この川東の乾の地で土地を賜って居住した。これが森氏の祖先である。同地の住吉明神は此の地の勧請であると伝えられている。」
      この記述は上記(2)とほぼ同じと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
※「次郎」と「二郎」の2種類の表記があるようだ。ネットではほとんどが「次郎」で、「二郎」はあまりなさそう。

 ・「全讃史」の表記:森「次」郎左衛門
 ・「讃岐香川郡志」、「香川町史」の表記:森「二」郎左衛門
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
四国地方  (218)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
中山城山 原著 , 青井常太郎 校訂 , 中山, 城山, 1763-1837 , 青井, 常太郎. 全讃史 : 標註国訳. 藤田書店, 1972. (複刻讃岐叢書 ; 第1)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001219080-00
青井常太郎 編著 , 青井, 常太郎. 讃岐香川郡志. 大和学芸図書, 1978.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001394214-00
香川町史編集委員会 編 , 香川町 (香川県). 香川町史. 香川町, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001215294-00
キーワード
(Keywords)
全讃史
古城史
乾城
「森次郎左衛門」(「全讃史」の表記)
「森二郎左衛門」(「讃岐香川郡志」、「香川町史」の表記)
中山城山
陸奥六郎義隆
香川県--地誌
香川郡 (香川県)
香川町 (香川県)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000158529解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!