このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158186
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H26-004
事例作成日
(Creation date)
2014年4月13日登録日時
(Registration date)
2014年08月13日 15時22分更新日時
(Last update)
2018年07月29日 15時10分
質問
(Question)
視覚障がい者はこういうふうに見えている、というのがわかる本を探したい。
回答
(Answer)
そのまま回答になる資料は見つけられなかったが、
『はじめて学ぶガイドヘルプ』
『カラーユニバーサルデザイン』
『障害を知る本6』
の3冊の記載は、写真や図が使用されていて分かりやすいため提供した。
ほかに挙げた資料にも、若干の記述があった。資料の内容については、回答プロセスに記載した。

レファ協に公開後、一般の方からtwitter経由で情報提供があったため下記の資料を回答資料とした。詳細は、回答プロセスに反映させた。
『視力0.06の世界』
『視覚障害教育に携わる方のために』
『弱視の人に出会う本 見えにくいってどんなこと?』
「私の見え方紹介カード」
『ロービジョンケア-疾患への対応-』
『知っておきたい子どもの目のケア』
『目の不自由な人の生活を知る絵本 朝子さんの一日』
回答プロセス
(Answering process)
①自館OPACにて、キーワード“視覚”で検索する。ヒットした資料の中で参考になった資料は以下であった。

・『視覚障がい者の方の介助とレクリエーション』 前橋 明/著 ひかりのくに 2005 【s23265838 369.275】
視覚障がい者がどのように見えるかというより、視覚障がい者に対しての介助方法を紹介している。

・『視覚障害者とノーマライゼーション』 鈴木 正行/著 学文社 2008 【s28618056 369.275】
視覚障がい者の著書から、経験談を紹介している。

・『はじめて学ぶガイドヘルプ』 野村 敬子/編著  みらい 2013 【s30941355 369.27】
p54-65視覚障害のさまざまな見え方を示している。

②自館OPACにて、キーワード“カラーユニバーサルデザイン”で検索する。
   
・『カラーユニバーサルデザイン』 カラーユニバーサルデザイン機構/著 ハート出版 2009 【s28729911 369】
色覚異常についてのさまざまなケースを写真を中心に紹介している。

・『考えよう学校のカラーユニバーサルデザイン』 彼方 始/著 教育出版 2013 【s30937759 369.27】
色弱の子どもがどんなケースで困るかを実例で紹介している。

・『カラーユニバーサルデザインの手引き』 教育出版CUD事務局/編著 教育出版 2012 【s30949630 369.275】
色弱者の見え方が記載されている。

③自館OPACにて、キーワード“フジユウ J36”で検索する。

・『障害を知る本6』  稲沢 潤子/著 大月書店 1998 【s18943167 J37】
見えにくさのさまざまな例を写真で紹介している。

・『障害を理解しよう1』 ピーター・ホワイト/著 小峰書店 2000 【s18951574 J36】
p4- 視覚障害のある人には、ものがどんなふうに見えているかをあらわした写真が掲載されている。

④大活字本の棚を直接見た。
『暮らしの中の視野』 吉田雅子/著 大活字 2009 【s30886105 L496】
p14、17、29-31、33-39図や絵で視覚障害の見えにくさを示している。

レファ協に公開後、一般の方からtwitter経由で情報提供があったため、下記の通り事例に反映させた。

『視力0.06の世界』 小林一弘/著 ジアース教育新社 2004
先天性の弱視である著者が、自身の見え方について生活の場面ごとに説明している。

『視覚障害教育に携わる方のために 4訂版』 香川邦生/編著 慶応義塾大学出版会 2010
p3- 見え方には一人一人個人差があるとした上で、弱視児の見え方についての説明あり。
p268- 「視覚障害教育に関わる基礎的文獻」あり。

『弱視の人に出会う本 見えにくいってどんなこと?』 共用品推進機構/編 小学館 2001
弱視の人が、見えにくいためにどのような不便さを感じているかがまんがでわかりやすく書いてある。児童向け資料。

「私の見え方紹介カード」
図書ではないが、下記の資料も弱視を理解するのに役立つと思われる。
http://jakumonken.sakura.ne.jp/news/2009_shoukai_card_2.htm (2016.8.16最終確認)
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000016-I003623353-00?ar=27d7 (2016.8.16最終確認)

『視覚障害教育に携わる方のために 4訂版』の「視覚障害教育に関わる基礎的文獻」を元に、さらに下記の資料を見つけた。

『ロービジョンケア-疾患への対応-』 新井三樹/編 メジカルビュー社 2003
p64- 第5章「疾患への対応」に、疾患ごとにその特徴として見え方についての記述も多少あるが、やや専門的である。

『知っておきたい子どもの目のケア』 勝海修ほか/著 少年写真新聞社 2007
p64- 「目の障害ってどんな感じ?」の項に、視野狭窄と中心暗点の見え方について記述あり。また、体験シートの付録あり。

『目の不自由な人の生活を知る絵本 朝子さんの一日』 日本児童教育振興財団/著 小学館 2003
見え方についての記述はないが、日常生活でどんな工夫をしているか、どんな不便さを感じているかがイラスト入りで分かりやすく描かれている。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
障害児教育[特別支援教育]  (378 9版)
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496 9版)
参考資料
(Reference materials)
『はじめて学ぶガイドヘルプ』 野村 敬子/編著 みらい 2013
『カラーユニバーサルデザイン』 カラーユニバーサルデザイン機構/著 ハート出版 2009
『障害を知る本6』  稲沢 潤子/著 大月書店 1998
『視力0.06の世界』 小林一弘/著 ジアース教育新社 2004
『視覚障害教育に携わる方のために 4訂版』 香川邦生/編著 慶応義塾大学出版会 2010
『弱視の人に出会う本 見えにくいってどんなこと?』 共用品推進機構/編 小学館 2001
『ロービジョンケア-疾患への対応-』 新井三樹/編 メジカルビュー社 2003
『知っておきたい子どもの目のケア』 勝海修ほか/著 少年写真新聞社 2007
『目の不自由な人の生活を知る絵本 朝子さんの一日』 日本児童教育振興財団/著 小学館 2003
キーワード
(Keywords)
視覚
カラーユニバーサルデザイン
不自由
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
福祉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000158186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決