このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157937
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢新所-2014-003
事例作成日
(Creation date)
2014/05/14登録日時
(Registration date)
2014年08月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月09日 10時10分
質問
(Question)
謡曲『松山天狗』の内容が知りたい。
回答
(Answer)
以下、謡曲の内容(『謡曲大観 第5巻』 明治書院、雑誌「観世」平成16年5月号などをもとに要約)
 
 西行法師が、保元の乱で敗れて讃岐の国へ流され崩御した崇徳上皇を弔うため、讃岐松山にあるご廟所を訪ねる。
そこへ一人の老翁(崇徳上皇の霊)が現れ、西行は案内を頼み二人は御陵へたどり着くが、あまりの荒廃ぶりに西行は涙ながらに歌を手向ける。
「よしや君 むかしの玉の 床とても かからん後は 何にかはせん」
西行は老翁に上皇が存命中ははいかなる者が訪ねてきたかと聞くが、老翁は白峰の天狗ばかりであったと語って消える。
上皇は歌を手向けた西行の志に感謝し、夜になって上皇の霊が西行の前に現れ喜びを伝え夜遊の舞楽を舞うが、舞ううちに都の思い出を思い出し逆鱗の姿に変わる。白峰の天狗・相模坊が小天狗を率いて現れ、逆臣の輩を蹴殺して会稽の恥をすすがせ上皇を慰めることを誓い、上皇は忠節の言葉に喜ばれ次第にお姿を消していく。
相模坊も小天狗を引き連れて、白峰の峰々へと姿を消していく。
 
その他、以下の資料にもあらすじの掲載があります。
 〇『能百十番』 増田正造/文 平凡社 1996年
 〇『能の事典』 三省堂 1984年
 〇『能楽ハンドブック』 戸井田道三/監修 三省堂 2008年
 〇『能・狂言事典』 西野春雄/編集委員 平凡社 2011年
 〇『能楽大事典』 小林責/著 筑摩書房 2012年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵調査
 “謡曲 松山天狗”で「書名」「内容」検索したが見当たらなかった。 
 「国立国会図書館サーチ」にて“松山天狗”というキーワードで検索したところ、『謡曲大観 第5巻』明治書院 1982年に記述があると判明。
 また、所蔵している能の本の内容を確認した。                                                                                      
                                   
2.所蔵資料の内容確認 
 〇『謡曲大観 第5巻』 明治書院 1982年 p.2883に梗概、p.2885-2893に舞台でのセリフが掲載されている。 
 〇『能百十番』 平凡社 1996年 p.99にあらすじと、崇徳上皇と鳥羽天皇の関係も記載されている。
 〇『能の事典』 三省堂 1984年 p.164 簡単なあらすじが載っている。
 〇『能楽ハンドブック』 三省堂 2008年 p.164 簡単なあらすじが載っている。内容は上記『能の事典』と同じ。
 〇『能・狂言事典』 西野春雄/編集委員 平凡社 2011年 p.146 簡単なあらすじが載っている。
 〇『能楽大事典』 小林責/著 筑摩書房 2012年 p.840 簡単なあらすじが載っている。
  
 ×『撰集抄』 岩波書店 1987年 p.46「第七 讃州白峯之事」では、西行が詠んだ歌は記載されているが他はなし。 
 ×『西行』 新潮社 1988年
 ×『能舞台の主人公たち』 淡交社 2009年
 ×『カラー百科見る・知る・読む能五十番』 勉誠出版 2013年
   
3.インターネット検索
 グーグルにて“松山天狗”等のキーワードで検索。以下のサイトに該当する情報あり。
 
 〇「大槻能楽堂」サイトにて、松山天狗の素材・場所・演能時間から、登場人物・あらすじ・舞台展開まで記載されている。 
 〇「坂出市」ホームページ 白峯天狗伝説「叡慮をなぐさめる相模坊」に、あらましと西行が崇徳上皇に捧げた鎮魂歌が記載されている。
 〇「近代デジタルライブラリー」(国会図書館)にて、松山天狗に関する資料が5件インターネット公開されている。 
 
 △「国立能楽堂」 トピック「復曲能 松山天狗」にて、簡単なあらすじと上演する能の流派が記載されている。
  
4.追加調査
 上記WEB調査にて雑誌「観世」平成16年5月号に松山天狗についての記述があるとの情報を得たので、相互貸借にて資料を取り寄せて内容を確認した。
 
 〇雑誌「観世」平成16年5月号 p.52~「能のなかの異界(10)白峰『松山天狗』」にて、あらすじとともに時代背景が掲載されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
能楽.狂言  (773 9版)
参考資料
(Reference materials)
謡曲大観 第5巻 佐成謙太郎/著 明治書院 1982.8 912.3 4-625-51083-X
能百十番 増田正造/文 平凡社 1996.12 773 4-582-63315-3
能の事典 三省堂 1984.4 773.036 4-385-15474-0
能楽ハンドブック 戸井田道三/監修 三省堂 2008.4 773.036 978-4-385-41060-9
能・狂言事典 西野春雄/編集委員 平凡社 2011.1 773.036 978-4-582-12641-9
能楽大事典 小林責/著 筑摩書房 2012.1 773.033 978-4-480-87357-6
大槻能楽堂 http://www.noh-kyogen.com/story/na/matsuyamatengu.html 2014/07/01 (松山天狗)
坂出市ホームページ http://www.city.sakaide.lg.jp/soshiki/bunkashinkou/minwatengu3.html 2014/07/01 (白峯天狗伝説 叡慮をなぐさめる相模坊)
近代デジタルライブラリー http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/859331 2014/07/02 ([金剛流謡本].〔8〕松山天狗)
国立能楽堂 http://www.ntj.jac.go.jp/topics/nou/24/12103.html 2014/07/02 (12月企画公演「特集・天狗―その知られざる世界」)
雑誌「観世」平成16年5月号(埼玉県立久喜図書館所蔵)「能のなかの異界(10) 白峰『松山天狗』」
キーワード
(Keywords)
松山天狗
謡曲
金剛流
観世流 復曲能
白峰
雨月物語
松山
上田秋成
崇徳院
西行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000157937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!