このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157856
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000017302
事例作成日
(Creation date)
2014/07/08登録日時
(Registration date)
2014年08月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月15日 11時00分
質問
(Question)
飲食店を経営しており、自店のレシピを中食用に商品化することを検討している。新しく店舗を作るのではなく、スーパー等と協力して商品の企画を行い販売経路を開拓したい。参考になる本はあるか。
回答
(Answer)
『最新食品業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』『惣菜入門』『あと数%伸ばす食育スーパー』などをご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
業界情報の書架を探す。

『第12次 業種別審査事典』第1巻(金融財政事情研究会)p956-980「惣菜製造業」「デリカショップ」「惣菜宅配業」「すし・弁当・調理パン製造業」が関連。いずれも今後の展望で独自メニューや消費者ニーズに合わせた商品開発が課題とされ、特に惣菜宅配業では新商品の企画力が重視されている。業界団体である一般社団法人日本惣菜協会 http://www.nsouzai-kyoukai.or.jp/  では、「惣菜管理士」などの資格認定を行っているとのこと。
『業種別業界情報 2014年版』(経営情報出版社)p392-393「総菜店」にはコンビニやスーパー各社の総菜販売の強化や、大手総菜店の動向などについての記載があり。
『食品業界の動向とカラクリがよーくわかる本』(秀和システム)p64-65「惣菜(業態と特徴7)」では、惣菜の販売チャネルが専門店・スーパーなどの惣菜売場・コンビニ・持ち帰り弁当店・宅配・ネット通販など拡大していること、また消費期限が短い地産地消型食品でメーカーは中小企業が多く、スーパーなどの多くは自家製であるとの記載があり。

次いで日経新聞記事データベース「日経テレコン21」で「惣菜 メニュー 開発」を検索すると、下記などの記事がヒットしたためごらんいただく。
「勝ち抜く外食(4)アイチフーズ、定食屋ジンベイ――弁当店を併設、相乗効果(企業ファイル)」(日経新聞地方経済面北海道2014.4.25)
「広島県の給食メニュー、コンビニなど商品化、県民の食育効果向上狙う。」(日経新聞地方経済面広島2013.10.17)
「コンビニ、シニアに照準、サンドラッグ、年20店、栄養士提案の弁当など。」(日経新聞2014.2.17)
「食品開発、女学生が新風、森永乳業、アイス、伊藤ハム、弁当向けおかず、斬新な視点生かす、口コミも期待。」(日経産業新聞 2014.2.5)
「強い現場、カギは、即戦力主婦」(日経MJ 2014.7.6)
「第1部成長市場を狙え(1)総菜、だれが作りますか――スーパー、身近な場所に専門店(食サバイバル溶ける境界)」(日経MJ 2014.4.2)
「食品製造や販促…、クックパッドでヒット、月間延べ約4000万人利用、献立に併せ特売情報、メーカーと共同開発。」(日経MJ 2014.1.22)

さらに588(食品工業)673.8(小売業)などの書架を探し、下記の資料をご紹介した。
『惣菜入門 改訂4版』(日本食糧新聞社)惣菜商品の基本条件や売れる要素などがあり。
『メーカー・販売業者のための食品に関する法律と実務がわかる本』(日本実業出版社)p60-72「品質保証と品質管理の実務の概要」に商品開発と試作品等についての記載があり。
『あと数%伸ばす食育スーパー』(ダイヤモンド社)スーパーの立場から、健康・文化・旬などの視点で食材を提示しレシピを提案するヒントがあり。
『フードビジネスの基礎知識 フードビジネスコーディネーターの必須条件』(調理栄養教育公社)p67-82「商品計画の方法」に、商品の価値を高めるために必要な項目(品質・価格・安全・健康・快適・本物・文化・融合)や味・価格決定のポイントなどがあり。
『成功する!デリ・惣菜経営 儲かる製造・販売の仕組みづくり』(旭屋出版)地域に対応したメニュー、季節や提供の時間帯に合わせた商品開発など、商品面の事業特性について記載があり。
『よくわかる加工特産品のつくり方、売り方』(出版文化社)農産物の加工の視点から、商品開発のポイントや販路開拓について記載があり。
『6次産業化実践ハンドブック』(ぎょうせい)商品開発のためのシーズ・ニーズ思考図や、プロモーション力についての記載があり。
『地域のおいしいものづくり 農商工連携・6次産業化による商品開発、販路開拓とその支援』(同友館)販路拡大の課題や商品開発のポイント、販路開拓の基本的視点などがあり。
『地域の「おいしい」をつくる フードディレクションという仕事』(青幻舎)地域の「食」を売り出すための考え方などがあり。
『月給たった5万円!でも、選びました』(講談社)レシピサイト「クックパッド」の元役員である著者がレシピ活用のプロモーションを行った際の体験談がp46-48にあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
『業種別審査事典第1巻』 金融財政事情研究会/編 金融財政事情研究会
『業種別業界情報2014年版』 中小企業動向調査会/編著 経営情報出版社
『最新食品業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』 福井 晋/著 秀和システム
『惣菜入門』 中山 正夫/著 日本食糧新聞社
『メーカー・販売業者のための食品に関する法律と実務がわかる本』 佐伯 龍夫/著 日本実業出版社
『あと数%伸ばす食育スーパー』 鈴木 國朗/著 ダイヤモンド・フリードマン社
『よくわかる加工特産品のつくり方、売り方』 鳥巣 研二/著 出版文化社
『6次産業化実践ハンドブック』 後久 博/著 ぎょうせい
『地域の美味しいものづくり』 中小企業基盤整備機構/編 同友館
『フードビジネスの基礎知識』 フードビジネスコーディネート協会/著 調理栄養教育公社
『月給たった5万円!でも、選びました』 小竹 貴子/著 講談社
『地域の「おいしい」をつくるフードディレクションという仕事』 奥村 文絵/著 青幻舎
キーワード
(Keywords)
惣菜(ソウザイ)
中食(ナカショク)
レシピ(レシピ)
商品開発(ショウヒンカイハツ)
企画(キカク)
飲食店(インショクテン)
ビジネス(ビジネス)
食品工業(ショクヒンコウギョウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000157856解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決