このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157854
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000017261
事例作成日
(Creation date)
2014/07/03登録日時
(Registration date)
2014年08月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月15日 10時59分
質問
(Question)
USB2.0と3.0の規格の違いがわかる本はあるか。特に通信速度について知りたい。
回答
(Answer)
『USB3.0導入ガイド』(工学社)などをご案内した。
回答プロセス
(Answering process)
『最新標準パソコン用語事典 2013-2014年版』(秀和システム)p1116「USB」によると、USBとは周辺機器のインターフェースの共通化を図った規格で、ユニバーサルシリアルバスの略。USB2.0は2000年に登場し、転送速度は最高480Mbps。USB3.0は2008年に正式な仕様となり、4.8Gbpsの転送速度を実現したとのこと。なおp805「bps」によるとbpsとは通信回線で1秒間に伝送できるデータ量(ビット数)を示す単位。

『USB3.0導入ガイド』(工学社)p56-97「USB3.0の特徴」に、2.0と3.0の変更点についてさらに詳しい記載があり。

またJ-GLOBAL 科学総合技術リンクセンター http://jglobal.jst.go.jp/  を 「USB規格」で検索したところ、雑誌「インターフェース」40巻2号(2014年2月1日発行)に「進化しまくり!知っておきたいUSB1・2・3」の特集があることが判明。近隣では大阪府立中央図書館、大阪大学図書館に所蔵があり、閲覧していただけることも合わせてお伝えした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報工学  (548 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最新標準パソコン用語事典2013-2014年版』 秀和システム第一出版編集部/編著 秀和システム
『USB3.0導入ガイド』 I O編集部/編 工学社
キーワード
(Keywords)
コンピュータ(コンピュータ)
規格(キカク)
ユニバーサル・シリアル・バス(ユニバーサルシリアルバス)
機器(キキ)
通信(ツウシン)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000157854解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!