このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000157252
提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図 -687
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年08月01日 11時21分更新日時
(Last update)
2014年11月30日 17時20分
質問
(Question)
四国88ヶ所、33ヶ所、それぞれのできるだけ最新の巡礼者数(概算)を知りたい。
回答
(Answer)
個別の数字はわからず。
インターネットではお「遍路人口」という表現で「年間10万人」という数字が見受けられたが、該当数字が公表されているような公式HPをみつけられず。地元四国の観光協会などには資料がある?

後日調査でみつかったのは以下の数字。
観光関係と巡礼関係の資料 :
『お遍路さんになる』(2004刊)「はじめに 」に「遍路で西国を訪れる人は年間三十万人ともいわれる」とあり。
『四国遍路の宗教学的研究:その構造と近現代の展開』に昭和56~63年の遍路者数のデータがあり(P317)63年で約5万人。
『四国遍路』(中央図書館所蔵なし)P146「図10 西国と四国の巡礼者数の推移」に1978~2002年の社会学者による統計調査あり。この表の最新2002年数値は西国:54616人 四国:82656人。
新聞記事:
「ヨミダス」「聞く蔵」「日経テレコン」をキーワード「西国巡礼」「お遍路」などで過去5年間(2010-2014)検索。
ヒットした ヨミダス 2013/6/3 の記事では『巡礼ツーリズムの民族誌』(森話社)の著者が1970年以降俳句人口は概数で約3倍になったと述べている。『巡礼ツーリズムの民族誌』に数字がないか確認すると 「1975年以降の四国巡礼の年間参加者数推移」の折れ線グラフ表 (P91)があるが(最新 2004年)数字は文中に書かれていないため表から読み取るしかない。8万人くらい?



記述のみつからなかった資料:下記参考資料1~5
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186 8版)
参考資料
(Reference materials)
『お遍路さんんになる』産経新聞社 2004 (PV:7000220080 186=N4)
『巡礼ツーリズムの民族誌 : 消費される宗教経験』森話社 2013 (PV:7200305420 161=P3)
1『観光白書』国土交通省観光庁 平成25年版 (PV:7200338296 689=L0=2013)
2『観光ビジネス未来白書』 2014年版 同友館 (PV:7200375992 689=P1=2014)
3『余暇・レジャー&観光統計年報』 2012ー2013 三冬社 2011 (PV:7200202999 3657=L8=2013)
4『聖地巡礼ツーリズム』 弘文堂 2012 (PV:7200288271 161=P2)
5『宗教とツーリズム:聖なるものの変容と持続』 世界思想社会 2012 (PV:7200253711 161=P2)
『四国遍路』吉川弘文館 2011 (PV:7200188046
PV:7200188046 186=P1)
キーワード
(Keywords)
巡礼(仏教)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
電話による問い合わせ
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000157252解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!