このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156804
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2014-038
事例作成日
(Creation date)
2013年08月28日登録日時
(Registration date)
2014年07月25日 15時46分更新日時
(Last update)
2014年09月24日 14時45分
質問
(Question)
日本も含め世界の作曲家が、音楽史上の時代区分(○○派等)に分かれて列挙されている年表が見たい。
回答
(Answer)
該当する記述のあった回答プロセスの資料・情報を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館所蔵資料を調べる。
《自館目録》を〈音楽史〉〈年表〉〈作曲家〉で検索する。
『ピアニストに贈る音楽史』(長峰和子著 吉田泰輔監修 音楽之友社 2003)
 ピアノ音楽を中心とした年表だが、主だった音楽家は収録されている。p16-80には音楽史の時代区分ごとにピアニスト・作曲家・音楽家の記述(生没年、出身地等)、p81-88には時代区分の流れと属する音楽家を一覧できる年表あり。
『西洋音楽史年表』(アルノルト・シェーリング編 ハンス・ヨアヒム・モーザー補 音楽之友社 1971)
 音楽史にかかわる詳細な年表である。時代区分は「古代」「中世」「近代」で1969年まで、楽派による区分はバロック・ロマンティックなどのみである。巻末に音楽家の索引あり。
『西洋音楽史年表 古代から現代まで』(マルセル・ブノワ,ノルベール・デュフルク著 白水社 2012)
 各章が音楽史の時代区分となっている。西洋音楽に関わる事項・個人の没年等が簡単に紹介されている。作曲家についてまとまった記述はない。
『西洋の音楽と社会 12 西洋音楽史年表』(音楽之友社 1997)
 年表は音楽史の時代区分ごとに章分けされており詳しいが、記述は事項のみでその時代区分にどの音楽家が属するか一瞥では分からない。

《自館目録》を〈書名〈年表〉&NDC分類〈76〉〉で検索する。
『美しい音楽を作った人々 さ・え・ら伝記ライブラリー 25』(大木実著 さ・え・ら書房 1981)
 p268-269に「世界の作曲家年表」あり。取り上げられている作曲家は少ないが、生没年および時代区分の記載がある。
『クラシック音楽史 ヨーロッパ近代 ロマン派のはじまりとその終焉』(遠山一行著 東京音楽社 1984)
 p64に年表あり。1600年代から1900年代までの音楽家が生没年とともに一覧できる。音楽史の時代区分は本文中に記述があるが、表中になし。
『新編 音楽小辞典』(金澤正剛監修 音楽之友社 2004)
 巻頭に「音楽史年表(時代区分あり)」、巻末に「作曲家年表」あり。ただし、何派かはこの表からは判別できない。
『年表情報集覧 5』(年表研究会編 大空社 1998)
 p220 「音楽・クラシック」の項あり。
『年表情報集覧 分野別書誌データ・年表〔2〕 5』(年表研究会編 大空社 1999)
 p167-168 「音楽史」の項あり。
『世界史年表』(日比野丈夫編 河出書房新社 1973)
 p460-468「音楽・演劇史[年表]」あり。作品の発表年が記述の中心である。時代区分の記述もあるが、年表の記述内にあるため、一見してわかりにくい(例:「1800年 この頃よりロマン主義時代」とあり)。作曲家の生没年なし。最新では第4版所蔵あり(1997刊)。収録年代は1960年代までで、初版と変更はないようである。

記述のなかった資料
『わたしたちの音楽史』(フリードリヒ・ヘルツフェルト著 渡辺護訳 白水社 1962)
『音楽史大図鑑』(属啓成著 音楽之友社 1970)
『大作曲家たちの履歴書』(三枝成彰著 1997)
『現代思想 1990年12月臨時増刊 もう一つの音楽史』(青土社 1990.12)
『クラシックこんな聴き方がおもしろい』(宮本英世著 音楽之友社 1991)
 巻末に年表はあるが、作曲家名と生没年のみである。
『中世・ルネサンスの音楽』(皆川達夫著 1977)
 年表はあったが、質問内容に該当する部分なし。

2. インターネット情報を調べる。
《Google》を〈作曲家&年表〉で検索する。全て個人ホームページのためURLは掲載しない。
《もねのおうち+音楽館+》
 「作曲家年表」のページあり。年表の範囲は1650-2000年で主に西洋の作曲家が列挙されている。
《人名辞典》
 ジャンル別から生没年表へアクセスできる。年表の範囲は1490-2000年で年表の項目に時代区分はないが、各人物の詳細に楽派の記述あり。西洋からアメリカ・日本の作曲家を生没年で並べている。
《いろはにクラシック》
 「音楽史の時代区分」ページにラシックの西洋作曲家で構成された年表(5-20世紀)あり。時代区分および生没年あり。
《Music Access》
 音楽史年表ページあり。時代別に主な作曲家と出来事(西暦300-2000年まで)をまとめている。

《レファ協DB》を〈音楽家〉〈作曲家〉で検索するが、類似のレファレンスなし。( https://crd.ndl.go.jp/reference/  国会図 2014/08/14最終確認)
《CiNii Articles》を〈作曲家〉〈音楽史〉で検索するが、質問に該当する資料なし。( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所 2014/08/14最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
「世界作曲家年表」(詳細不明)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ピアニストに贈る音楽史』(長峰和子著 吉田泰輔監修 音楽之友社 2003), ISBN 4-276-11014-9
『西洋音楽史年表』(アルノルト・シェーリング編 ハンス・ヨアヒム・モーザー補 音楽之友社 1971)
『西洋音楽史年表 古代から現代まで』(マルセル・ブノワ著 白水社 2012), ISBN 4-560-50970-0
『西洋の音楽と社会 12 西洋音楽史年表』(音楽之友社 1997), ISBN 4-276-11242-7
『美しい音楽を作った人々 さ・え・ら伝記ライブラリー 25』(大木実著 さ・え・ら書房 1981)
『クラシック音楽史 ヨーロッパ近代 ロマン派のはじまりとその終焉』(遠山一行著 東京音楽社 1984), ISBN 4-88564-074-1
『新編 音楽小辞典』(金澤正剛監修 音楽之友社 2004), ISBN 4-276-00019-X
『年表情報集覧 5』(年表研究会編 大空社 1998)
『年表情報集覧 分野別書誌データ・年表〔2〕 5』(年表研究会編 大空社 1999)
『世界史年表』(日比野丈夫編 河出書房新社 1973)
キーワード
(Keywords)
音楽史
作曲家
音楽-歴史-年表
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000156804解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!