このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156451
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2014-0024
事例作成日
(Creation date)
2014/06/01登録日時
(Registration date)
2014年07月18日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年07月18日 00時30分
質問
(Question)
かつて「棒手振」(ぼてふり)と呼ばれる職業があった。多くの場合天秤棒に魚をつりさげて売り歩く行商人のことを指すのだが、地方によっては異なる商品を扱う商人のことを指す場合がある。そこで、滋賀県では「棒手振」は魚の行商人を指すのかどうか知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県方言語彙・用例辞典』によりますと、「魚の行商人 都市部では実体がなくなってきている」とあり、使用地域として「県西部 北部 東部」をあげています。この地域区分は編著者の増井金典氏の研究成果に基づく滋賀県の方言区域で、現在の市町名で示しますと、西部-大津市北部、高島市南部・中部、北部-高島市北部、長浜市、米原市東部、東部-近江八幡市、東近江市のほぼ全域、彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、米原市西部になります。『滋賀県方言調査 [正編]』では「川魚の行商人。(ボテジャコをふり売る事から)」とあり、使用地域として現在の長浜市を除いて『滋賀県方言語彙・用例辞典』とほぼ同様の地域をあげています。また、『滋賀縣方言集』では「魚賣商人」とあり、使用地域は旧伊香郡を除く現在の長浜市、米原市としています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
方言.訛語  (818 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県方言語彙・用例辞典 増井金典∥編著 サンライズ出版 2000年 S-8000- 00 p.255

2 滋賀県方言調査 [正編] 藤谷一海∥編著 教育出版センター 1975年 S-8000-1 p.280

3 滋賀縣方言集 大田 栄太郎∥編 刀江書院 1932年 S-8000- 32 p.153

4 滋賀県南東部方言・用例辞典 増井金典∥編著 増井典夫∥編著 増井金典 S-8000- 92 p.135
キーワード
(Keywords)
棒手振
ぼてふり
方言-滋賀県
行商人
ボテジャコ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000156451解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!