このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156234
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014041
事例作成日
(Creation date)
2009年10月17日登録日時
(Registration date)
2014年07月16日 16時41分更新日時
(Last update)
2016年07月22日 16時58分
質問
(Question)
海蔵寺門前にある「底脱の井」に関する千代能=無着如大の名前の読みと経歴を知りたい。
回答
(Answer)
◆ヨミは、千代能(千代野)「チヨノ」「チヨノウ」
     無着如大「ムチャクニョダイ」「ムジャクニョダイ」です
 別名を無外如大尼(ムガイニョダイニ)ともいいます。

◆安達泰盛の娘で、金沢顕時(一説に実時)の室。建長寺の無学祖元に師事し、臨済宗初の正規の尼とされています。
 詳しくは参考文献をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
①『鎌倉の地名由来辞典』で「底脱の井」を見ると、無着如大のことも出てくる。

②女性人名事典を確認する。

③臨済宗初の正規の尼といわれていることがわかったので、禅宗の事典もみる。

④「無外如大」や「千代能」で全文検索。

⑤鎌倉の案内をしている本の中で、海蔵寺を取り上げている部分をチェック。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188)
日本  (281)
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉の地名由来辞典』 三浦勝男編 東京堂出版 2005 【K1 291.3】
 p113「そこぬけのい」の項
『禅宗小事典』 石川力山 法蔵館 1999 【R 188.8】
「無外如大と無着」 山家浩樹(「金沢文庫研究」第301号 1998年9月) 【K0 051】
『没後700年北条顕時 金沢北条氏二代』特別展図録 神奈川県立金沢文庫 2001年 【K1 289.1ホ】
 p6 金沢顕時の家族,p48~59 北条顕時をめぐる女性たち
「北条顕時十三回忌諷誦文案とその紙背文書」 永井晋 (「郷土神奈川」第38号 平成12年3月)【K0 018.0】
 註に「無外如大と無着」の紹介あり
『日本女性人名辞典』 日本図書センター 1993 【R 281.0】
『もう一つの中世像 比丘尼・御伽草子・来世』 バーバラ・ルーシュ 思文閣出版 平成3 【K 910.24】
 p8~25 無外如大の場合
キーワード
(Keywords)
無外如大 むがい にょだい
無着如大 むちゃく にょだい むじゃく にょだい
千代能 ちよのう
千代野 ちよの
底脱ノ井 そこぬけ の い
北条顕時 ほうじょう あきとき
安達泰盛 あだち やすもり
海蔵寺 かいぞうじ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
◆山東京伝が千代野の物語を描いているという情報があるが、所蔵していないので詳しい内容確認が取れず。
『千代曩媛七変化物語』(チヨノウヒメシチヘンゲモノガタリ)全5冊5巻
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000156234解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決