このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000156080
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市東-2014-001
事例作成日
(Creation date)
2014年06月25日登録日時
(Registration date)
2014年07月13日 15時45分更新日時
(Last update)
2014年10月01日 14時38分
質問
(Question)
日本で最初にアルミニウムの製錬を行った日本軽銀(株)の工場が、名古屋市東区矢田にあったようだ。その会社・工場についての資料、また記念碑があれば知りたい。
回答
(Answer)
以下の名古屋市立図書館所蔵資料、及びインターネット情報をご紹介しました。

(1)郷土資料
●『新修名古屋市史 資料編近代2』(名古屋市 2009)
p.295 “欧州戦乱の名古屋市に及ぼせる影響調査 第十回(抄)”より 第一章欧州戦乱に因る名古屋市に於ける各種事業の盛衰 第一項新事業(イ)軽銀製造業 軽銀製造 の項目があります。(約300字)

●『大正昭和名古屋市史 第2巻』(名古屋市 1954)
p.42 第3章 工業 世界大戦当時  に数行の記述があります。

●『もりやま第23号』(守山郷土史研究会 2004)
p.166「大正十一年・十二年 決議録 矢田町」拾等に 軽銀会社 の名の記載(一行)があります。

(2)工業の本
●『日本軽金属二十年史』(日本軽金属 1959)
p.580年表 1916年国内の欄に記載があります。(2行)

●『近代日本経営史の基礎知識 明治維新期から現代まで』(有斐閣 1974)
p.269 “アルミ国産化の二つの道”に パイオニア日本軽銀 の記述があります。

●『アルミニウム工業(現代の産業)』(東洋経済新報社 1968)
p.21-22 第3節日本のアルミニウム工業 2.アルミニウム工業の確立 に日本軽銀製造(株)の記述があります。

●『昭和電工アルミニウム五十年史』(昭和電工 1984)
p.9-12  p.15 

●『昭和電工成立史の研究』(日本経済評論社 1997)
p.169-171
参考文献より
 『創業百年史』(同和鉱業 1985)p.173-174
 『アルミニュウム総覧・年鑑』(1937)p.817:国会デジタル(デジタル配信館で閲覧可能)
 『工場通覧 大正八年十月』(日本工業倶楽部 1919)p.655 工場名称・所在地・創業年月・職工数・原動力など記載があります。

●『わが国のアルミニウム製錬史にみる企業経営上の諸問題 日本的経営の実証的研究』(建築資料研究社 1994)
p.41-43 第一部わが国のアルミニウム製錬史 第2節製錬企業化の胎動 の項目に日本軽銀(株)と竹島安太郎技師の記述があります。

●『アルミニウム工業読本』(科学社 1944)
p.116-120 第11章本邦アルミニウム製錬工業発達小史 に記述があります。

(3)インターネット
●国立国会図書館近代デジタルライブラリー(インターネット公開資料) http://kindai.ndl.go.jp (最終確認2014年6月25日)
『アルミニユーム事情』
p.30-33 “第十章 研究すべき日本軽銀会社の失敗” として記載があります。
p.30   “アルミニューム製造に関する特許”より特許番号が判明。→特許電子図書館にて特許明細書が閲覧可能です。

●総合学術電子ジャーナルサイト J-STAGE(インターネット公開資料) https://www.jstage.jst.go.jp (最終確認2014年6月25日)
『精密機械』39巻465号 p.775-780「アルミニウムの連続加工システム」
p.775 日本におけるアルミニウム国産化の試みについて、日本軽銀の記述があります。

●総合学術電子ジャーナルサイト J-STAGE(インターネット公開資料) https://www.jstage.jst.go.jp (最終確認2014年6月25日)
『日本化学雑誌』13巻6号 p.595-613「本邦産粘土よりアルミニウムの製造」
日本軽銀(株)技師竹島安太郎氏の論文です。


○記念碑について
名古屋市東区矢田には見つかっていません。

『昭和電工アルミニウム五十年史』(昭和電工 1984)の口絵に「わが国アルミニウム製錬の礎」として、横浜工場アルミニウム発祥地記念碑と大町工場アルミニウム発祥地記念碑の写真(カラー)が掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
非鉄金属  (565 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新修名古屋市史 資料編近代2』 新修名古屋市史資料編編集委員会/編 名古屋市 2009年 (p.295)
『大正昭和名古屋市史 第2巻』名古屋市 1954年 (p.42)
『もりやま第23号』 守山郷土史研究会 2004年 (p.166)
『日本軽金属二十年史』 日本軽金属 1959年 (p.580年表)
『近代日本経営史の基礎知識 明治維新期から現代まで』 中川敬一郎・森川英正・由井常彦/共編 有斐閣 1974年 (p.269)
『昭和電工アルミニウム五十年史』 昭和軽金属株式会社/編 昭和電工 1984年 (p.9-12,p.15)
『昭和電工成立史の研究』 麻島昭一・大塩武/著 日本経済評論社 1997年 (p.169-171)
『創業百年史』 同和鉱業株式会社 1985年 (p.173-174)
『アルミニュウム総覧・年鑑』一条諦吉/編 金物時代社 1937年 (p.817:国会デジタル(デジタル配信館で閲覧可能))
『工場通覧 大正八年十月』 農商務省商工局,農商務省商工局工務課 編 日本工業倶楽部 1919年 (p.655)
『わが国のアルミニウム製錬史にみる企業経営上の諸問題 日本的経営の実証的研究』 秋津裕哉/著 建築資料研究社 1994年 (p.41-43)
『アルミニウム工業読本』 昭和電工/編 科學社 1944年 (p.116-120)
『アルミニユーム事情』 (p.30-33)
『精密機械』39巻465号 (p.775-780)
『日本化学雑誌』13巻6号 (p.595-613)
キーワード
(Keywords)
日本軽銀
アルミニウム
竹島安太郎
会社―名古屋市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000156080解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!