このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155888
提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢富岡-2014-002
事例作成日
(Creation date)
2012/07/21登録日時
(Registration date)
2014年07月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年07月15日 13時02分
質問
(Question)
お茶は、いつ頃が一番飲まれていたか知りたい。
回答
(Answer)
緑茶の国内生産量と消費量の推移を見ると、昭和50年が多いようです。
以下の資料に掲載があります。
 〇『日本茶のすべてがわかる本』  日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008年
 〇『茶大百科 1』 農山漁村文化協会/編 農山漁村文化協会 2008年
 〇『地域食材大百科』 第12巻 農山漁村文化協会 2013年
回答プロセス
(Answering process)
1.所蔵資料の内容確認
 〇『日本茶のすべてがわかる本』  日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008年
  p113 「お茶の消費量」の項目あり。「昭和50年(1975)の約11万tをピークに減少していましたがー(以下略)」と記述あり。
  p114 「緑茶の国内生産量・輸出入量・消費量の推移」の表あり。国内生産量が一番多いのは、昭和50年(1975)の105446(t)、1人あたりの消費量が一番多いのは、昭和50年(1975)の1002g。
  p115 「緑茶の家計内購入量の推移」の表あり。昭和50年の数値なし。
 〇『茶大百科 1 』 農山漁村文化協会/編 農山漁村文化協会 2008年
  p299 「2 消費動向と消費量」の項目あり。「消費動向を茶類に限って見ると、昭和40年(1965)の購入は1世帯当たり緑茶が2133g、-(中略)ー昭和50年(1975)には緑茶は1918g、-(中略)昭和60年(1985)には緑茶が1406g、-(中略)平成に入って緑茶の購入量は1200g前後で推移していたが、ペット緑茶が大幅に伸びた平成13年(2001)以降緑茶の購入は減少、平成16年(2004)には1077gとなっている。」と記述あり。
  p303 「茶種別生産量の推移」の表に、昭和18年(1943)~平成18年(2006)までの生産量あり。生産量が一番多いのは、昭和50年(1975)の105359(t)。
 〇『地域食材大百科』 第12巻 農山漁村文化協会 2013年
  p85 「消費の動向」の項目あり。「日本国内の1人当たりの緑茶の年間消費量は、1955(昭和30)年頃から増加し、1975(昭和50)年には1kgに達したが、その後は減少に転じ、2010年には700gを下回った。」と記述あり。
 △『農林水産統計 平成24年版』 農林水産省 2013年
  p227 緑茶の消費量の推移(過去5年分)あり。『家計調査年報』の人口5万人以上の都市の2人以上の世帯の1世帯当たり購入数の数値。同書の年度を遡れば、消費量の数値は確認できる。
 ×『お茶の大研究』  大森正司/監修 PHP研究所 2005年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農産物製造.加工  (619 9版)
参考資料
(Reference materials)
日本茶のすべてがわかる本 日本茶検定委員会/監修 日本茶インストラクター協会 2008.11 619.8 978-4-540-08187-3
茶大百科 1 農山漁村文化協会/編 農山漁村文化協会 2008.3 617.4 978-4-540-07141-6
地域食材大百科 第12巻 農山漁村文化協会 2013.10 498.5 978-4-540-11214-0
キーワード
(Keywords)
お茶
緑茶
日本茶
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生
登録番号
(Registration number)
1000155888解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!