このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155756
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2014-019
事例作成日
(Creation date)
2014年06月30日登録日時
(Registration date)
2014年07月09日 12時25分更新日時
(Last update)
2014年10月01日 14時38分
質問
(Question)
戦前に名古屋にあったプロ野球の球団について知りたい。
回答
(Answer)
戦前、名古屋には「名古屋軍」と「名古屋金鯱軍」の2球団がありました。
名古屋軍は新愛知新聞が親会社となり、大日本野球連盟名古屋協会が1936年1月15日に創立した後、「産業軍」、「中部日本」、「中部日本新聞ドラゴンズ」と改称し、現在の「中日ドラゴンズ」となっています。
また、名古屋金鯱軍は名古屋新聞が親会社となり、名古屋野球倶楽部が1936年2月28日に創立した球団で、「翼」と合併して「大洋」と改称し、「西鉄」となって解散しています。
回答プロセス
(Answering process)
1.郷土コーナーの分類7837(野球)を確認しました。

『中日ドラゴンズ30年史』
この資料は、中日ドラゴンズについてだけではなく、プロ野球前史なども掲載されていました。

→口絵写真に、名古屋軍の写真が4ページにわたって掲載されています。
→p.81-82に、「中日ドラゴンズ社史年表」があり、名古屋軍はもちろん、名古屋金鯱軍についても日付の分かる年表となっています。
→p.91に、各球団の系図が掲載されています。
→p.110-143に「名古屋軍創立」についての記述があり、p.116には、「短命だった金鯱の球史」の項目があり、“戦後復活した中日ドラゴンズとは、無関係である”とあります。
→p.147に“名古屋軍は(中略)産業軍と改称されたのち(中略)「中部日本」と改称(中略)「中部日本新聞ドラゴンズ」として連盟に登録”とあります。p.142-13にも、「産業軍と改名されたいきさつ」の項目があります。
→巻末には、選手名簿や、試合成績、選手成績と記録などが掲載されています。

『中日ドラゴンズ40年史』
→p.116-127に、名古屋軍の誕生から野球中断までの記述があります。
→p.25-26に写真が掲載されています。

『中日ドラゴンズ70年史』
→p.39-46に戦前の名古屋軍について、名古屋金鯱軍についても記述があります。p.41には、“(名古屋金鯱軍は)'44に消滅しているから、中日ドラゴンズはあくまで「名古屋軍」が前身である”との記述がありました。
→p.207-287には、「ドラゴンズ・データ集」が掲載されています。

『東海野球史』
→p.147-156に、戦前のプロ野球についての記述があります。


2.分類7837(野球)を確認しました。

『野球五十年』
→p.246-248「名古屋金鯱軍」について書かれています。
→p.249-251「名古屋軍」について書かれています。
→p.380-381「プロ野球 プロ球団リーグ加盟・移動年表」が掲載されています。


『ザ・プロ野球 記録と話題の50年』
→見返しに、「プロ野球・球団誕生と消滅のドラマ1/2世紀」が掲載されており、「名古屋」と「名古屋金鯱」のチーム名の変遷などが分かります。

『野球史』p.38-43、写真
→戦前のプロ野球についての記述がp.38-43にあります。また、写真として「結成二年目の名古屋軍」「朝鮮遠征の名古屋軍」「名古屋軍の強打者大沢清選手」「八事球場の名古屋軍」が掲載されています。

3.インターネット上の資料を探しました。

金沢大学学術情報リポジトリより、「日本プロ野球における企業の存在意義 : プロ野球を本業に活かした球団経営の変遷から」がヒットしました。「名古屋軍」や「名古屋金鯱軍」についての記述があります。

4.経営母体の新聞社の社史などを確認しました。

『中日新聞創業百年史』
→p.952-954に「株式会社中日ドラゴンズ」の項目があります。その中に、前身の「名古屋軍」についての記述があり、歴代オーナーや創立以来の年次成績と監督等も分かります。

『新愛知年鑑 昭和十二年版』
→p.642-649に職業団野球についての項目があり、球団の結成についてや、試合の結果などが掲載されています。

『名古屋新聞社史』
→p.128-130に「金鯱軍の話」の項目があります。結成時のメンバーや、主な成績が掲載されています。

『名古屋新聞・小山松寿関係資料集 第1・2・6巻』
→第1・2巻には社報が掲載されており、名古屋金鯱軍が結成された1936年2月以降の社報に記事が掲載されています。
→第6巻p.497には、名古屋新聞の昭和10年11月1日の記事「名古屋職業野球の誕生」が掲載されています。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
球技  (783 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中日ドラゴンズ30年史』 中日ドラゴンズ 1965年 (口絵写真、p.81-82、p.91、p.116、p.147、巻末など)
『中日ドラゴンズ40年史』 中日ドラゴンズ/編 中日ドラゴンズ 1975年 (p.116-127、写真p.25-26)
『中日ドラゴンズ70年史』 中日新聞社 2006年 (p.39-46、p.207-287)
『野球五十年』 大和球士/著 時事通信社 1955年 (p.246-248、p.249-251、p.380-381)
『ザ・プロ野球 記録と話題の50年』 自由国民社 1983年 (見返し)
「日本プロ野球における企業の存在意義 : プロ野球を本業に活かした球団経営の変遷から」、要堺弘隆/著、人間社会環境研究第23号、p.153-169( http://hdl.handle.net/2297/31503 )【最終確認2014/07/10】
『中日新聞創業百年史』 中日新聞社史編さん室/編集 中日新聞本社 1987年 (p.952-954)
『新愛知年鑑 昭和12年版』 新愛知新聞社東京支社/編 新愛知新聞社東京支社 1937年 (p.642-649)
『名古屋新聞社史』 名古屋新聞社/編 名古屋新聞社 1936年 (p.128-130)
『名古屋新聞・小山松寿関係資料集 第1巻』 山田公平/編 竜渓書舎 1991年
『名古屋新聞・小山松寿関係資料集 第2巻』 山田公平/編 竜渓書舎 1991年
『名古屋新聞・小山松寿関係資料集 第6巻』 山田公平/編 竜渓書舎 2006年
『野球史』 新名古屋新聞社/編 新名古屋新聞社 1956年 (p.38-43、写真「結成二年目の名古屋軍」「朝鮮遠征の名古屋軍」「名古屋軍の強打者大沢清選手」「八事球場の名古屋軍」)
『東海野球史』 玉腰年男/著  風媒社 1973年 (p.147-156)
キーワード
(Keywords)
名古屋軍
名古屋金鯱軍
中日ドラゴンズ
産業軍
プロ野球
新愛知新聞
名古屋新聞
体育・スポーツ―名古屋市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000155756解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!