このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155373
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000016781
事例作成日
(Creation date)
2014/06/05登録日時
(Registration date)
2014年07月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年07月16日 16時56分
質問
(Question)
豊中市刀根山元町の「札場跡」について、近くの刀根山御坊境内に入るための身分証明の札改めの関所跡であったとの記載が『豊中の史跡たずね描き』にあるが、このことについて詳しく知りたい。
回答
(Answer)
札場についての詳細が書かれた資料は発見できず。刀根山御坊(常楽寺)関連の本をご紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料の書架を探す。

『とよなか歴史・文化財ガイドブック』(豊中市教育委員会)p19「札場跡」には、幕府や藩が決めた法度を墨書した高札を立てた場所とあり。高札は一般に関所など人の集まるところに立てたとの記載がある。p18「常楽寺」には、浄土真宗本願寺派で、現在地への移転は長禄3(1459)とも言われるが実際には刀根山城が廃された後の江戸時代初頭と推測されること、江戸初期には本願寺宗主一族が住持する寺院として刀根山御坊と呼ばれ中本山に列し、13の末寺と4与力寺をもつ有力寺院であったなどの記載があるが、近隣の関所については記載がない。
『大阪伝承地誌集成』(清文堂)p925「摂津十三日講」にも、常楽寺の由来があり。また元禄5(1692)年の古文書の常楽寺についての記載が引用されているが、境内へ入るための手続きは記載なし。

豊中市教育委員会地域教育振興室文化財保護チームに問い合わせたところ、常楽寺境内に立つ「刀根山御坊由緒」の碑に、門前に下馬札が立てられていたとの記載があり、『とよなかの史跡たずね描き』の記述は誰何される場所としての位置づけを重視したものなのではないか、とのこと。
Googleで検索すると「刀根山御坊由緒」については「マチゴト 豊中池田ニュース」2011.4.14「能勢街道をゆく⑬刀根山~蛍池」 http://machigoto.jp/news/detail/?art_id=927  や個人のブログに記載があり。
また『とよなか探訪』(豊中市)p18「刀根山御坊」、『るるぶ豊中』(JTBパブリッシング)p19に碑の写真があり。

さらに中本山の一般的なありかたについて、仏教・日本史関連の書架を探す。
『国史大辞典』第12巻(吉川弘文館)p858-859「ほんまつせいど 本末制度」に近世の仏教寺院の階級制度として本山-末寺の関係の歴史等の解説があるが、中本山には言及なし。
『日本仏教史入門 基礎史料で読む』(角川書店)p342-343および『図説 日本仏教の歴史 江戸時代』(佼成出版社)p14-18によると、中本山は大本山の下にあたり、直末寺ともいったとのこと。

このほか刀根山御坊(常楽寺)に関する記載があった資料は以下。
『資料集録 とよなかの史跡・余話』(瀧健三)p49「刀根山御坊(常楽寺)」
『豊中市の文化財 道標編』(豊中市教育委員会)p13 刀根山御坊への道を示した道標(もと皿池であった刀根山公園そば)と御坊の説明
『大阪府全志 巻之三』(清文堂)p1184 大字北刀根山
『日本の神仏の辞典』(大修館書店)p647「常楽寺」
『日本歴史地名大系28 大阪府の地名1』(平凡社)p263「常楽寺」 
『桜井谷郷土史』(豊中市教育研究会「豊中の歴史」部会)前編上巻p40、前編中巻p36、前編下巻p114-120に刀根山地域に関する記載があり、特に前編下巻には常楽寺の創立縁起などが詳しい。

なお、『日本城郭大系 12 大阪・兵庫』(創支社)には、刀根山城・常楽寺についての記載はなかった。

またGoogle booksで「刀根山御坊」「常楽寺」を検索したところ、『真宗と資本主義』(所書店)p98や『摂津国真宗開展史』(同朋舎出版)に記載があることが判明。いずれも大阪府立図書館に所蔵があり、取寄せて内容を確認する。後者は常楽寺にまつわる文書等の引用もあるが、どちらにも札場や札改めに関する記載はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『豊中の史跡たずね描き』福西 茂/著(豊中市立教育研究所)
『とよなか歴史・文化財ガイドブック』豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課/編集(豊中市教育委員会生涯学習推進室地域教育振興課)
『とよなか探訪』史跡マップ編集委員会/編集(豊中市教育委員会)
『日本仏教史入門-基礎史料で読む』山折 哲雄/編著(角川学芸出版)
『図説日本仏教の歴史』江戸時代圭室 文雄/編(佼成出版社)
『るるぶ豊中市』(JTBパブリッシング)
キーワード
(Keywords)
常楽寺(ジョウラクジ)
刀根山御坊(トネヤマゴボウ)
札場(フダバ)
歴史
豊中(トヨナカ)
寺院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
常楽寺の建立時期に関する資料については http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000155421  に記載。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000155373解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決