このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154843
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14020718466330
事例作成日
(Creation date)
2013/9/25登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
GHQが出した文書「日本の統治体制の改革」(SWNCC228)の全文日本語訳が見たい。
回答
(Answer)
①p.75に「国務省、陸軍省、海軍省間の意見の調整をはかるため、国務・陸軍・海軍三省調整委員会(SWNCC-スウィンク)が設置された」とあり、p.85には「重要な対日政策文書が次々とSWNCCで検討され、決定されていった。たとえば、~略~、憲法改正などの統治機構改革(SWNCC228)などがある」と書かれている。
①により、憲法制定に関する文書であることがわかったので、関連資料を調査。
②p.413~438に[参考資料1]として「SWNCC228 日本の統治体制の改革」の英文と日本語訳が掲載されている。
③p.78~83に「④日本の統治体制の改革に関するSWNCCの決定」として、「SWNCC228 日本の統治体制の改革」の日本語全文が掲載されている。訳文は②と同じ。
④は、憲法制定の基本方針である「日本の統治機構の改革(SWNCC228)」の立案から最終決定までの過程が1冊にまとめられている。修正の経緯などは詳しく解説されているが、最終決定された文書全文の掲載はない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
憲法  (323 9版)
参考資料
(Reference materials)
①竹前栄治『GHQ』 岩波書店,1983,214,12p. 参照はp.75-85.
②高柳賢三編著『日本国憲法制定の過程1 連合国総司令部側の記録による 原文と翻訳』 有斐閣,2005,50,489p. 参照はp.413-438.
③永井憲一編集代表『資料日本国憲法1 1945‐1949』 三省堂,1986,169,405p. 参照はp.78-83.
④原 秀成『日本国憲法制定の系譜Volume2 戦後米国で』 日本評論社,2005,27,900p.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014020718463666330
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154843解決/未解決
(Resolved / Unresolved)