このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154834
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14013115166320
事例作成日
(Creation date)
2013/7/3登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
昭和20年代に、本物のカバをトラックに乗せて各地を回り、カバヤ食品の街頭宣伝したと聞いたことがあるが、そのことについて知りたい。また、その後そのカバがどうなったのかについても知りたい。
回答
(Answer)
・『キャラメルづくりから始まった物語。』(資料①)、『おまけの名作』(資料②)、『おかやま自動車物語』(資料③)によると、カバヤ食品株式会社が1952年(昭和27)からカバの自動車で「カバヤキャラメル」の街頭宣伝を行ったことと共に、1953年(昭和28)から本物のカバを水槽付きのトラックに乗せて走る企画を行ったことについて記載がある。

・『日本カバ物語』(資料④)によると、大きく成長したカバは到津遊園動物園に寄贈され、その後金沢動物園に入園している。

・『デカ物語』(資料⑤)によると、宣伝のためにカバを水槽付きトラックに乗せて各地を回ったことやその後の様子について詳細な記載がある。
カバは「カバ子」と名付けられ、水槽付きトラックにて1953年(昭和28)4月末より1年2ヶ月ほど運転手とともに旅を続けている。カバ子と運転手の旅の様子が詳細に記載されているほか、カバ子や水槽付きトラックの写真や、水槽付きトラックの構造解説なども収録されている。
旅の後のカバ子は到津遊園でおよそ7年半過ごした後、1962年(昭和37)3月31日に金沢動物園へ移動し「デカ」と名付けられる。金沢動物園の閉園にともなう名称変更、場所移転を経た後いしかわ動物園で過ごし、日本一長生きのカバとなり2010年(平成22)8月5日に推定58歳で死亡した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
①カバヤ食品[編]『キャラメルづくりから始まった物語。』 岡山 カバヤ食品,2012,14p. 参照はp.3-4.
②坪内稔典『おまけの名作』 豊中 いんてる社,1984,185p. 参照はp.61-65.
③渡辺節『おかやま自動車物語』 岡山 瀬戸内海経済レポート,1996,177p. 参照はp.120-122.
④宮嶋康彦『日本カバ物語』 情報センター出版局,1991,326,6p. 参照はp.47,87-93.
⑤あんずゆき『デカ物語』 くもん出版,2013,103p.
キーワード
(Keywords)
カバ
水槽付きトラック
カバヤ食品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014013115144266320
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154834解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!