このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154833
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14013111466319
事例作成日
(Creation date)
2013/10/02登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県に伝わる猿神退治の話について知りたい。
回答
(Answer)
・『岡山県大百科事典 上』(資料①)の「猿神退治」の項目には、「人見御供を要求する猿神を、六部、武士、猟師といった回国の遊行者が退治し、村が平和になったという、厄難克服の昔話、伝説。全国的に分布し、岡山県では“ヒヒ退治の話”として美作地方、奥備中地方、岡山市に伝承されており、武士、猟師が一人でヒヒ退治をする西日本型の話が多いが、蒜山地方には、六部が犬を連れて退治する東日本型の話も伝承されている。(中略)また津山市の中山神社のいわれに“猿神退治”の伝説がある。」と記載がある。また、『今昔物語』の「美作国神依猟師謀止生贄語」に載っているとして、<今ハ昔、美作国ニ中山、高野ト申神社存マス・・・>で始まる物語の冒頭が記載されている。これを受けて、『日本古典文学全集 23 今昔物語集 3』(資料②)を確認すると、「美作国神依猟師謀止生贄語」は巻26第7に掲載されていた。

・『岡山の伝説』(資料③)にも猿神退治の項目がある。資料①と同様、『今昔物語』の中の「美作国神、依猟師謀止生贄語」にある猿神退治の話が津山中山神社のいわれとして記載されている。また、美作地方や蒜山の伝承についても触れられている。

・「<古代・中世 歴史の足跡をたどる> 12 中山神社と猿神」(資料④)にも、「今昔物語集が語るいけにえ娘の説話」として、説話の内容がわかりやすくまとめられている。

・『猿神退治』(資料⑤)は、『今昔物語集』の「美作国神依猟師謀止生贄語」を「“お年寄り”や“子ども”たちが楽しみながら読めるような現代語訳」にして書かれている。『おかやまの民話12選 続』(資料⑥)や『おかやま伝説紀行』(資料⑦)にも、現代語で「猿神退治」の話が書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山県大百科事典編集委員会『岡山県大百科事典 上』岡山 山陽新聞社,1980,1493p. 参照はp.1116.
②馬淵 和夫[ほか]校注・訳『日本古典文学全集 23 今昔物語集 3』東京 小学館,1977,637p 図版12p. 参照はp.545-551.
③立石憲利『岡山の伝説』岡山 日本文教出版 ,1969,221p. 参照はp.54.
④三好基之「<古代・中世 歴史の足跡をたどる> 12 中山神社と猿神」『グラフおかやま』413,1991.2,p.21.
⑤親子と祖父母で楽しむ朗読講座の会『猿神退治』[出版地不明] [親子と祖父母で楽しむ朗読講座の会] ,2000,14p.
⑥立石憲利『おかやまの民話12選 続』岡山 山陽新聞出版センター,2007,66p. 参照はp.32-35.
⑦立石憲利『おかやま伝説紀行』岡山 吉備人出版,2006,195p. 参照はp.34-35.
キーワード
(Keywords)
中山神社
猿神社
猿神退治
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014013111494866319
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154833解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!