このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154828
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14013015466314
事例作成日
(Creation date)
2013/10/02登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
中山神社の一角にある猿神社について知りたい。
回答
(Answer)
・『岡山県大百科事典 下』(資料①)に「中山神社(なかやまじんじゃ)」の項目を確認すると、中山神社について「津山市一宮にある美作国一宮でもと国幣中社」と紹介し、末社に猿神があることや、『今昔物語』の「猿神退治」などの説話との関連性について記載されている。

・『美作国神社資料』(資料②)の「中山神社」の項目を確認すると、「末社 猿神社」について記載がある。こちらには「由緒沿革」として下記のような記載がある。
「当社は中山神社御祭神の主神たる鏡作神は天孫降臨五伴緒の神を奉齋せる故に天孫降臨の先駆を受け給はり玉ひし猿田彦神を祭れるものか猿田彦神の猿の一字と中古以来中山神社の祭祀の事ども今昔物語、宇治拾遺等に老猿云々の記事散見せるにより専ら猿社に縁故ありしものゝ如く一社神職及ひ地方人士多くは想像索強附会に依りて社を猿社と称し崇敬するに至れるものにや其の年代及び由緒知るによしなし」

・『式内社調査報告 第22巻』(資料③)の「中山(チュウサン)神社」の項目では、「猿神社は猿多彦神といひ、本社では安産神として崇敬されている。今昔物語集にいふ“中山は猿神”といふのはこの神のことかも知れない。」と記載されている。

・「モニュメント吉備の国 中山神社」(資料④)には、『今昔物語』にみられる猿神退治説話を紹介すると共に、猿神について「現在の本殿の裏の磐座(いわくら)に“にえんどう(贅堂)の”地名が残っており、そこには猿神の小さな祠が祭られている。近在の人々が、赤い布で小さな猿の縫いぐるみを作って奉納し、小児のすこやかな成長を記念する風習が続いている。『今昔物語』の説話も、こうした風習と関係があって面白い。」と記載している。また、猿神のカラー写真も掲載している。『岡山のごりやくさん』(資料⑤)には、同様のことがさらに詳しく記載されている。

・『岡山の式内社』(資料⑥)には、「猿神とイワクラ」について、筆者が「今の“猿神”の岩(イワクラ)そのものが中山神社であったことを物語っている」という考察が記載されている。

・山陽新聞や岡山日日新聞にも猿神社が取り上げられ、『今昔物語』との関連性や民間信仰について書かれた記事(資料⑦~⑨)が掲載されている。

・ほかにも関連資料として『国幣中社中山神社史料』(資料⑩)、『中山神社の社叢』(資料⑪)、『心のふるさと美作伝説考』(資料⑫)、『岡山の民間信仰』(資料⑬)、「中山神社鎮座始末記」(資料⑭)などがある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神道  (170 9版)
参考資料
(Reference materials)
①岡山県大百科事典編集委員会『岡山県大百科事典 下』岡山 山陽新聞社,1980,1462p. 参照はp.348-349.
②美作国神社資料刊行会『美作国神社資料』津山 岡山県神職会美作五郡支部神職会,593,1920p. 参照はp.6.
③式内社研究会『式内社調査報告 第22巻』伊勢 皇学館大学出版部,1980,702p. 参照はp.286-293.
④三好基之「モニュメント吉備の国 中山神社」『グラフおかやま』第26巻1号,1982.1,p.18-19.
⑤山陽新聞社編集局『岡山のごりやくさん』岡山 山陽新聞社,1989,259p. 参照はp.142-144.
⑥薬師寺 慎一『岡山の式内社』岡山 吉備人出版,2010,154p. 参照はp.48-50.
⑦山陽新聞「<説話のふるさと>21 中山神社 ご神体は“猿神”」1978年6月5日朝刊第7面.
⑧山陽新聞「<生きている民間信仰>17 中山神社の猿神社」1987年5月18日朝刊第13面.
⑨岡山日日新聞「<祭祀が語る古代吉備>79 中山神社の猿神」2002年6月4日朝刊第2面.
⑩藤巻正之『国幣中社中山神社史料』岡山 中山神社社務所,1923,692p.
⑪津山市教育委員会『中山神社の社叢』津山 津山市教育委員会,1975,21p. 参照はp.3.
⑫島田秀三郎『心のふるさと美作伝説考』岡山 日本文教出版,1974,191p. 参照はp.165.
⑬三浦秀宥『岡山の民間信仰』岡山 日本文教出版,1977,174p. 参照はp.71-73.
⑭八木意知男「中山神社鎮座始末記」『美作女子大学・美作短期大学研究紀要』第22号,1977.3,p.13-41.
キーワード
(Keywords)
中山神社
猿神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014013015484266314
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154828解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!