このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154814
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M14011609366294
事例作成日
(Creation date)
2013/11/30登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
穴太衆とはどのような人たちか。
回答
(Answer)
『石積は意志の積み重ね石積作法』中の石積ミニ用語集によると、「安土桃山時代に滋賀県、近江地方出身の石垣師の通称。彼らが積んだ石積を穴太積みと呼ぶ。」とある。
『城のつくり方図典』には、「安土城の石垣は、それまでの城郭石垣よりはるかに高い。また、初めて城の中心部をすべて石垣で築いた。その高大で膨大な量の石垣を築いた技術者が穴太衆と呼ばれた石工たちで、天台宗の総本山である比叡山延暦寺の麓(現在の大津市坂本穴太町付近)の出身者で、古くから寺院関係の石工を務めていたが、その高度な技術力を買われて、安土城の普請を任されたのである。その後、全国各地の大名の石垣普請に召し抱えられ、「穴太」は石工の代名詞ともなった。」とある。
また、穴太の歴史的考証に関しては『石垣普請』に書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521 9版)
参考資料
(Reference materials)
龍居庭園研究所『石積は意志の積み重ね石積作法』 建築資料研究社,2003.6,142p. 参照はp.139.
三浦正幸『城のつくり方図典』 小学館,2005.3,255p. 参照はp.49.
北垣聰一郎『石垣普請』 法政大学出版局,1987.3,415,17Pp.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2014011609331766294
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154814解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!