このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154796
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M13121317566237
事例作成日
(Creation date)
2013/09/26登録日時
(Registration date)
2014年06月21日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
日本において、標準語・共通語がどのように制定されたか。その過程で方言に対して使ってはいけないものといった傾向がどのようにしてうまれていったか知りたい。
回答
(Answer)
標準語・共通語の定義や制定過程につて概略を参考図書で確認する。
①『国語学研究事典では、現代語・方言の章で、標準語の意味と歴史の解説がある。それによれば標準語は「【意味】東京語を母胎にして作られ現実に全国で使われている共通語を、音韻・語彙・語法などあらゆる点についてさらに理想的に磨きあげた言語。(中略)」とあり、続けて「【歴史】わが国には、厳密な意味の標準語はないが、古くから、奈良時代には大和地方のことば、平安時代から室町時代末までは京都のことば、というように、その時代の政治・経済・文化の中心地のことばを、国の規範的・標準的ことばとし、そのほかの地方のことばを俗語と見てきていたようである。(中略)」とある。更に、明治時代以後に「標準語」という名称を用いはじめた経緯や、昭和時代以降の「共通語」の定義なども説明がある。
②『日本語百科大事典』では、方言と共通語の項で、“国語・普通語・標準語”、“共通語をめぐって”として「標準語」「共通語」について詳しい解説がある。内容は①とほぼ同じもの。更に「方言と共通語の葛藤史」の中に“方言撲滅論”として、明治維新以後のことばの統一の流れの中で盛んになった「方言撲滅運動」と、その後に起こった「方言の復権」についての経緯もわかる。それによると、「…(前略)ことばの統一、すなわち標準語の普及は、同時に、方言を抹殺する方向へと進んでいった。方言は国家統一を阻むもの、社会の悪とも言われるようになった。その社会悪を排除するのが標準語教育であり、「方言撲滅」が国語教育における主務となっていったのである。」とあり、各地の学校でのさまざまな事例が紹介されている。その後昭和15年に起こった「方言論争」を契機に、「かつての「方言撲滅」のような暴論は減少し、標準語と方言の共存へと向かっていったが、その影響は「方言コンプレックス」「方言い対する劣等感」として根強く残ることになった。」とある。

次の図書でも、標準語・共通語の制定過程及び、方言の関係について確認できる。
③真田信治著『標準語はいかに成立したか』創拓社 1991刊
④水原明人著『江戸語・東京語・標準語』講談社 1994刊
⑤柴田武著『日本の方言』岩波書店 1958刊
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
①佐藤喜代治編『国語学研究事典』 明治書院,1982,27,1007p. 参照はp.389-391.
②金田一春彦ほか編集責任『日本語百科大事典』 大修館書店,1988,1505p. 参照はp.922-933.
③真田信治『標準語はいかに成立したか』 創拓社,1991,222p. 参照はp.75-108.
④水原明人『江戸語・東京語・標準語』 講談社,1994,230p. 参照はp.82-225.
⑤柴田武『日本の方言』 岩波書店,1979,191p. 参照はp.90-139.
キーワード
(Keywords)
標準語
方言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2013121317510666237
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000154796解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!