このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154226
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2014-016
事例作成日
(Creation date)
2014年05月08日登録日時
(Registration date)
2014年06月13日 14時28分更新日時
(Last update)
2015年10月21日 15時59分
質問
(Question)
川や橋の名前が欄干や案内標示板に漢字表記やかな表記されているが、かな表記の場合「なかがわ」「なかかわ」と濁ったり、濁らなかったりするのはなぜか知りたい。
回答
(Answer)
図書資料に明確な記述はなかった。
河川管理者のインターネット情報や、電話による調査の結果、河川名の表示方法には決められた規則や法律はないとのことだった。ただし言い伝えとして縁起を担いで濁点を付けないことが多いようである。
また、『岡山の親柱と高欄』(渡邊隆男著 日本文教出版 2002)p11からp19に同じような疑問に対する調査結果の記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈橋梁〉、〈橋〉で検索する。
いずれも記述なし
 『岡山の流れ橋』(渡邉隆男著 日本文教出版 2000)
 『橋梁景観の演出 うるおいのある橋づくり』(松村博著 鹿島出版会 1988)
 『近代日本の橋梁デザイン思想 三人のエンジニアの生涯と仕事』(中井祐著 東京大学出版会 2005)
 『八百八橋物語』(松村博著 松籟社 1984)       
 『図解橋梁用語事典』(佐伯彰一編 山海堂 1986)
 『埼玉名橋図鑑』(さいたま川の博物館 2004)
 『彩の国に架かるさいたま橋物語』(景観工学研究所編 埼玉県 1994)
 『水の伝承 民間信仰にみる水神の諸相』(石上七鞘著 新公論社 1998)
 『暮らしの伝承 迷信と科学のあいだ』(蒲田春樹著 朱鷺書房 1998)
 『日本の民俗 2 山と川』(湯川洋司企画編集 吉川弘文館 2008)
 『川の文化』(北見俊夫著 日本書籍 1981)

2 《Google》を〈河川名&表示板&ひらがな〉で検索する。
 横浜市道路局建設部橋梁課「橋梁課の仕事」のページに以下の記述あり。 
 「橋名板のひらがな表示には、伝統的に「○○はし」と表示する場合が多いようです。その理由には、「橋の下の川が増水し濁ると橋が流されるので、縁起を担いで橋の名前を濁らせないようにした」などの諸説がありますが、定かではありません。横浜市では、橋に係る歴史や伝統、文化を大事にしていこうとの観点から、平成17年度に、橋名板のひらがな表示を「はし」とするように定めました。」
http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/kyouryou/shigoto/download/shigoto2504.pdf  横浜市道路局建設部橋梁課 2014/05/04最終確認)

 個人ブログ
 《こぴーのーと》(2014/5/4最終確認)
 「橋名板(きょうめいばん)のルール
 橋名をひらがなで表示する場合の濁点について、「○○橋」は「○○はし」 とする。(普通には濁点のついた「ナニナニばし」と呼ぶけれども橋名板は 濁りなく「ナニナニはし」とする)」
 参考文献として、『岡山の親柱と高欄』(渡邉隆男著 日本文教出版 2002)があげられている。

3 他機関を調査する。
 《埼玉県県土整備部》「埼玉県の土木構造物」
 「【橋りょう】徒歩橋 (吉見町・川島町)【豆知識】
  橋の親柱に書かれる「橋名」「河川名」には濁点を入れないのが通例。これは「川の水は濁らず」との思いがあるためと言われている。なので「かちばし」ではなく「かちはし」。」とあり。
 ( http://www.pref.saitama.lg.jp/a1001/doboku-sansaku/katihasi.html  埼玉県県土整備部県土整備政策課 2014/5/2最終確認)
 
 埼玉県県土整備部県土整備政策課に電話で問い合わせる。
  1.通例についての規則、法律、基準はなく、先輩からの口伝により、行われているもの。
  2.濁点をつけても、つけなくても実際はよい。
  3.橋名板の河川名について、川が濁らないように濁点は入れていない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
橋梁工学  (515 9版)
参考資料
(Reference materials)
『岡山の親柱と高欄 』(渡邊隆男著 日本文教出版 2002), ISBN 4-8212-5220-1
《横浜市道路局建設部橋梁課》( http://www.city.yokohama.lg.jp/doro/kyouryou/shigoto/download/shigoto2504.pdf  横浜市道路局建設部橋梁課 2014/05/04最終確認)
《埼玉県県土整備部》「埼玉県の土木構造物」( http://www.pref.saitama.lg.jp/site/doboku-sansaku/katihasi.html  埼玉県県土整備部県土整備政策課 2014/05/02最終確認)
キーワード
(Keywords)
橋梁
照会先
(Institution or person inquired for advice)
埼玉県県土整備部県土整備政策課
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000154226解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!