このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154173
提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-10-2014-001
事例作成日
(Creation date)
2010年08月06日登録日時
(Registration date)
2014年06月11日 12時58分更新日時
(Last update)
2014年12月14日 16時43分
質問
(Question)
ゟの読み方を知りたい
地方史の古文書をもとにして本で出版したものを読んでいるとゟがたびたび出てくるのだが読み方がわからない。
回答
(Answer)
これは合字といい、二字以上のひらがなを略して一字としたもので、「より」と読みます。
江戸時代以前は多く使用されていましたが、明治時代からは仮名は1音につき1文字とされ使用されなくなりました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
『古文書解読事典 : 文書館へ行こう 改訂新版』大石学 監修 , 太田尚宏, 保垣孝幸, 中村大介 編 , 東京堂出版, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002933437-00 , ISBN 4490105592
キーワード
(Keywords)
合字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000154173解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ