このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154146
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000016481
事例作成日
(Creation date)
2014/05/21登録日時
(Registration date)
2014年06月11日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年06月13日 16時52分
質問
(Question)
天気予報で、降水確率「0(ゼロ)」パーセントというときは雨が降る可能性はまったくなく、「零(レイ)」パーセントというときは雨が降る可能性がある(「零」という漢字は「零細」の零で、わずかという意味があるため)という説を聞いたことがあるが、ほんとうか。
回答
(Answer)
降水確率は1mm以上の雨や雪の降りやすさを表したもの。10%刻みで発表されるため、0%の予報であっても実際には確率0~4%までが含まれていること、また1mm以下の雨や雪が降る可能性は排除されていないことの記載が『気象予報士かんたん合格10の法則』などにあり。

また『用字用語辞典』などを確認したが、「ゼロ」が漢字で表記されるか算用数字で表記されるかで意味が異なると記載したものはなかった。
回答プロセス
(Answering process)
451(気象)810(日本語)の書架を探す。

『NHK天気質問箱』(日本放送出版協会)p32-33「降水確率とは何?」は縦書きであるが、漢字を用いず、「〇」で表記している。読みはなし。降水確率は雨や雪の降りやすさを確率であらわしたもので、四捨五入して10%刻みで発表されるため、確率4%までは「0%」とされるとあり。
『わかりやすい!おもしろい!1億人の気象学入門』(三天書房)p144-148「天気予報の用語を覚えよう」には、降水確率の読み方については記載なし。
『気象予報士かんたん合格10の法則』(技術評論社)p187-188「降水確率って予報でよく聞きますが・・・」は横書きで「0%」と表記。読みはなし。降水確率は1mm以上の降水のある確率なので、1mm未満の降水が発生することもあるとのこと。
『新版 最新天気予報の技術』(東京堂出版)p224-225「降水確率予報」は横書きで「0%」と表記。読みはなし。降水確率についての専門的な記載があるが、読みによって確率が変わるとは書いていない。p298-302「天気予報・季節予報の種類と発表および天気予報用語(気象庁資料による)」も、降水確率の読み方には言及なし。
気象庁のサイトの「予報用語(降水)」のページ http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/yougo_hp/kousui.html や「よくある質問集(雨・雪)」 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq1.html にも、降水確率の読み方についての記載はない。

また『日本語の正しい表記と用語の辞典』(講談社)p114-185「数字の書き方」には、縦組み(縦書き)の場合は漢字の「零」漢数字の「〇」算用数字の「0」で「ゼロ」を表し、横組み(横書き)の場合は算用数字で「ゼロ」を表すとあり。
『最新用字用語ブック 第6版』(時事通信社)p296「ゼロ(零)」には、平均寿命などでは「零歳児(れいさいじ)」が使われるとの注があるが、漢字・カタカナ・算用数字を同列で併記している。またp540-575「数字の書き方」には、漢数字を用いる例・算用数字を用いる例、助数詞などとの関連についての記載があり、「パーセント」の項目もあるが、漢字と算用数字で意味が異なるとの記載はない。
『記者ハンドブック 新聞用字用語集』(共同通信社)p81「零」には、読みは「レイ」のみ記載。p569-584「数字の書き方」にも、「ゼロ」が漢字と算用数字で意味が異なるとは記載されていない。
『NHK 新用字用語辞典 第2版』(日本放送出版協会)p302には、「ぜろさいじ」の表記について、カタカナまたは算用数字の例があり。p598「零」には、読みは「レイ」のみで、「ゼロ」はなし。
これらをごらんいただき、天気予報の際に読みの使い分けで意味が異なることはないと推察される旨お伝えした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
『NHK天気質問箱』平井 信行/著(日本放送出版協会)
『1億人の気象学入門』道本 光一郎/著(三天書房)
『気象予報士かんたん合格10の法則』中島 俊夫/著(技術評論社)
『最新天気予報の技術』新田 尚/監修(東京堂出版)
『日本語の正しい表記と用語の辞典』講談社校閲局/編(講談社)
『最新用字用語ブック』時事通信社/編(時事通信社出版局)
『記者ハンドブック』共同通信社/編著(共同通信社)
『NHK新用字用語辞典』NHK放送文化研究所/編(日本放送出版協会)
キーワード
(Keywords)
天気予報(テンキヨホウ)
降水確率(コウスイカクリツ)
用語(ヨウゴ)
気象(キショウ)
漢字(カンジ)
日本語(ニホンゴ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000154146解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ