このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154081
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014026
事例作成日
(Creation date)
2008年07月26日登録日時
(Registration date)
2014年06月08日 16時43分更新日時
(Last update)
2016年07月22日 16時49分
質問
(Question)
「鎌倉」という地名の由来は何か。またいつごろから使われていたのか。
回答
(Answer)
◆地名の由来
 諸説ありますが、地形に由来を求める説が有力です。
 ①浸食地形・崩壊地形を示す地形用語で、「鎌(かま)」は「えぐったようながけ地」。「倉(くら)」は「谷を意味する古語」(『鎌倉の地名由来辞典』)
  「カマ」は洞穴、クラは「岩」の意ともいう。(『角川日本地名大辞典』「かまくらぐん」の項)
  「鎌」はかまどのことで、倉は「たに」の意。(『鎌倉・三浦半島おもしろ地名考』)
「蘆噉竈(アシカミ)見命、竈口君等の祖」(旧事本紀)とあり、竈口は鎌倉の異名。竈谷(かまくら)の義で、これを古人は竈口(かまくち)とも呼んだ(『大日本地名辞書 第6巻 坂東』)

 他に以下のような説があります。

 ②神武天皇の征伐により屍(かばね)が蔵をつくったので、「屍蔵(かばねくら)」となりそれがなまった。(『新編相模国風土記稿』村里部 鎌倉郡巻一)
 ③藤原鎌足が不思議な夢を見て、大蔵に鎌を埋めた。(『詞林采葉抄』)
 ④アイヌ語の「カマクラン」という「山を越していく」という意味の言葉からできたとか、「カマ・クラ」という「平板な石の山」という意味の言葉からできた。
 ⑤蒲(がま)がたくさん生えていたので。
 ⑥「神庫(かみくら)」があって、それがなまった。
 ⑦神奈川県の中央部に高座郡(こうざぐん)という地名があり、高座を「たかくら」ともよんでいたことから「高倉」「高麗(こま)」に通じ、「高麗座(こまくら)」が「かまくら」になった。

◆いつごろから使われていたか。
 史料上の所見は『古事記』(和銅5年・712年成立)です。「鎌倉之別(かまくらのわけ)」とでてきます。
 綾瀬市の宮久保遺跡から出土した天平五年(733年)銘の木簡に、「鎌倉郡鎌倉里」と墨で書かれています。
 天平七年(735年)の相模国封戸祖交易帳に「鎌倉郡鎌倉郷」とあります。

 以上から、8世紀初頭には「鎌倉」の地名が使われていたものと思われます。
回答プロセス
(Answering process)
①まずは『鎌倉の地名由来辞典』をみる

②次に『かまくら子ども風土記』を見る

③次に地名事典のたぐいを見る。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉の地名由来辞典』 三浦勝男 東京堂出版 2005 【K1 291.3】
「「鎌倉」地名について」 篠原幸久 (『鎌倉』114号 鎌倉文化研究会 2013年2月) 【K1 051】
『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川日本地名大辞典編纂委員会 竹内理三 角川書店 昭和59 【K1 291.33】
『神奈川県の地名 日本歴史地名体系14』 平凡社 1984 【K1 291.33】
『かまくら子ども風土記 上』 鎌倉市教育研究所 鎌倉市教育委員会 平成5 【K1 291.3】
『増補 大日本地名辞書 第6巻 坂東』 吉田東伍 冨山房 1970年 【R291.0】p76,p94
『増補 鎌倉考』 呉文炳 理想社 昭和47 【K1 291.39】P13~ かまくらの名称
『新版 鎌倉観光文化検定 公式テキストブック』 鎌倉商工会議所 かまくら春秋社 平成23 【K1 291.3】
『鎌倉・三浦半島おもしろ地名考』 三浦一男 多摩川新聞社 1997 【K1291.34】
キーワード
(Keywords)
鎌倉
地名
由来
鎌倉郡
鎌倉郷
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
◆「蘆や蒲が生えていた」説の由来は、鎌倉別(かまくらのわけ)の祖が「蘆髪蒲見別王」(あしかみのかまみわけのみこ)であったから。
 
蘆髪蒲見別王は『日本書記』巻第八 仲哀天皇紀の条、『先代旧事本紀』仲哀天皇の条に出てくる。古事記では「足鏡別王(あしかがみわけのみこ)」
参考文献:『岩波古典文学大系 日本書紀(上)』
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000154081解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!