このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000153959
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2014-05-006
事例作成日
(Creation date)
2014年05月28日登録日時
(Registration date)
2014年06月03日 11時57分更新日時
(Last update)
2014年09月03日 10時32分
質問
(Question)
南蛮キセル(煙管)と呼ばれる喫煙具の絵や写真が載っている資料が見たい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料およびインターネット情報から以下の資料を紹介。
「河骨形」と呼ばれる「南蛮キセル(煙管)」の特徴と、図版、写真が掲載されている。

資料1:『たばこの事典』山愛書院
p491「南蛮きせる」
“きせるの名称の一つ。南蛮人と呼ばれたポルトガル・スペイン人などがわが国の江戸初期風俗画中で喫煙に用いているきせる。火皿が大きく、火皿の下の雁首が大きく湾曲し、煙道となる柄の部分が長いといった特徴を持つ。”と書かれている。

資料2:『タバコの歴史』大修館書店
p222「喫煙の風習が日本に伝来した当初は…(中略)かぶき者たちは長大なキセルを所持していたようで、「婦女遊楽図屏風(松浦屏風、大和文華館蔵)」や「桜狩遊楽図屏風(個人及びブルックリン美術館蔵)」のような初期の近世風俗画屏風に描かれているキセルは、優に一メートルを超す長さに見え、火皿も大きい。」とキセルの特徴が書かれている。
図版「真鍮河骨形きせる(花見ぎせる)」の解説に「古い形の雁首は大きく曲がっていて水草の河骨の花茎部に似ているので「河骨形」という」と書かれている。

資料3:『たばこの本』求龍堂
p22-27 きせるの渡来についての記述と図版あり。
「きせるの渡来は慶長になってからであろう」、「初期のきせるは「慶長婦女遊戯図」にみるような火皿の大きく首の長くカーブした河骨形といわれるもので…」と渡来の時期と特徴が書かれている。
p15,34 図版「慶長婦女遊戯図(屏風部分)」p24「清水寺図(部分)」“河骨形キセル”を使う人物が描かれている。
p25 図版「初期真鍮肩付河骨形きせる(専売公社蔵)」の写真。

資料4:『たばこの謎を解く』スタジオダンク
p70-104 安土桃山時代の“南蛮キセル”“南蛮趣味”の流行についての記述と、江戸時代にかけての喫煙文化について解説と図版あり。
p73 「観能図」南蛮キセルを持つ南蛮人が描かれている。
p76 初期のキセルの形状について、ポルトガル領ブラジル由来の「L形」とスペイン領フロリダ由来の「U形」の説明と写真あり。

資料5:『たばこと民族文化』北海道立北方民族博物館
p10 江戸時代のたばこ文化についての記述あり。
p45-49 日本の「きせる」の写真。

資料6:『浮世絵と喫煙具』専売事業協会
キセルが描かれた浮世絵集。
総目録にモチーフになった喫煙具の名称が記載されており、その中に「初期のきせる」「河骨形きせる」あり。

資料7:「日本の喫煙具」専売事業協会
p3-4 江戸時代初期のキセルの写真が掲載されている。
 図版1.「真鍮肩付河骨形中継羅宇煙管」
 図版2.「真鍮肩付河骨形青塗羅宇長煙管」
 図版3.「真鍮朱羅宇大煙管(花見煙管)」

 1、2の“河骨形”の解説に「慶長から元和、寛永(1596年~1643年)頃の屏風絵には、この初期のきせるがよく描かれている。」と書かれている。


資料8:インターネット情報 “「河骨形」というユニークな名前の由来は?”(JTウェブサイト「たばこワールド」)
http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/various/japan1/30.html (最終確認2014/6/3)
「安土桃山時代から江戸時代初期の風俗画に多く描かれているこのキセルは、「河骨形(こうぼねがた)キセル」と呼ばれる初期のキセルの代表的な品です。当時の風俗画には、南蛮人や伊達男、遊女などがこのキセルを手にする姿が見られます。」

資料9:インターネット情報 “澄生が愛した「南蛮文化とたばこ」”(JTウェブサイト「たばこワールド」)
http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/chronicle/2012/07/02.html (最終確認2014/6/3)
南蛮文化を好んで題材にとりあげた木版画家、川上澄生の作品「南蛮ぶり」の画像あり。
前田利家をモデルにした人物が、長大で火皿の大きい南蛮キセルを使っている。

資料10:インターネット情報 “江戸時代の喫煙方法の中心だったキセル”(JTウェブサイト「たばこワールド」)
http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/chronicle/2003/1107/01.html (最終確認2014/6/3)
「銅肩付河骨形キセル(どうかたつきこうぼねがたきせる)」の写真あり。
「初期のキセルの代表的なもの。雁首の部分が彎曲(わんきょく)し、羅宇の部分が長いのが特徴。」と書かれている。

資料11:『別冊太陽 煙草の本』平凡社
p127,129 キセルを使う平賀源内と三ヶ月おせんが描かれた日本画あり。

資料12:『日本の道具』読売新聞社
p130-133 現代のキセルの写真あり。


※参考情報

『図説花と樹の大事典』(柏書房)
p324-325「ナンバンギセル」
古くは万葉の時代にオモイグサの名で現れる。(中略)桃山時代、たばこと共に喫煙具が渡来すると、ナンバンギセルの名がつく。

『広辞苑』(岩波書店)
p2115「南蛮」
②室町末期から江戸時代にかけて、シャム・ルソン・ジャワその他南洋諸島の称。また(多く他の語に冠して)珍奇・異風なもの
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
その他の雑工業  (589 8版)
衣住食の習俗  (383 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】たばこ総合研究センター 編 , たばこ総合研究センター. たばこの事典. 山愛書院, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010050244-00 , ISBN 9784434127076 (p491 当館請求記号 R589.8/タ09 ※貸出禁止資料)
【資料2】上野堅實 著 , 上野, 堅実, 1936-. タバコの歴史 : A history of tobacco. 大修館書店, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002701408-00 , ISBN 4469212172 (p222 当館請求記号 589.8/ウ98)
【資料3】石崎重郎 著 , 石崎, 重郎, 1905-. たばこの本. 求竜堂, 1967.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001096577-00  (p22-27,p15,34,24,25 当館請求記号 383/29 ※書庫資料)
【資料4】コネスール 編著 , コネスール. たばこの「謎」を解く : Mysterious story. スタジオダンク, 2001.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003052283-00 , ISBN 4309904793 (p70-104,p73,76 当館請求記号 383.8/タ01 ※書庫資料)
【資料5】北海道立北方民族博物館 編集 , 北海道立北方民族博物館. たばこと民族文化 : たばこが北方に伝わるまで 第11回特別展. 北海道立北方民族博物館, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010133673-00  (p10,p45-49 当館請求記号 383.8/ホ96 ※書庫資料)
【資料6】専売事業協会. 浮世絵と喫煙具. 専売事業協会, 1967.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001095645-00  (当館請求記号 383/31 ※書庫資料)
【資料7】日本専売公社 編 , 日本専売公社. 日本の喫煙具 : 付・外国の喫煙具. 専売事業協会, 1966.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001081548-00  (p3-4 383/27 ※書庫資料)
【資料8】インターネット情報 “「河骨形」というユニークな名前の由来は?”(JTウェブサイト「たばこワールド」) http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/various/japan1/30.html (最終確認2014/6/3)
【資料9】インターネット情報 “澄生が愛した「南蛮文化とたばこ」”(JTウェブサイト「たばこワールド」) http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/chronicle/2012/07/02.html (最終確認2014/6/3)
【資料10】インターネット情報 “江戸時代の喫煙方法の中心だったキセル”(JTウェブサイト「たばこワールド」) http://www.jti.co.jp/tobacco-world/journal/chronicle/2003/1107/01.html (最終確認2014/6/3)
【資料11】煙草の本 : The tobacco book. 平凡社, 1985.9 (別冊太陽) (p127,129)
【資料12】読売新聞社. 日本の道具 : 生活文化史カタログ. 読売新聞社, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001221365-00  (p130-133 当館請求記号 383/ニ76 ※書庫資料)
キーワード
(Keywords)
タバコ
キセル
喫煙具
南蛮
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000153959解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決