このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000153278
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-14-006
事例作成日
(Creation date)
2014/6/27登録日時
(Registration date)
2014年05月16日 14時45分更新日時
(Last update)
2014年11月29日 11時16分
質問
(Question)
テレビ番組で特集していた、第一次世界大戦時外国に派遣された従軍看護婦、竹田ハツメさんについての詳細な資料があればみたい。
回答
(Answer)
現在当館で所蔵の物の資料のうち竹田ハツメ氏について記載のある資料はなかった。
彼女の故郷である熊本県立図書館様にも照会をお願いしたが、2つほど名前と簡略なプロフィールの記載があるのみで、彼女自身の生い立ちを語る資料はないとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
テレビの特集ということで、最初にインターネットで検索をする。

テレビ番組は NHKの「歴史秘話ヒストリア」のようである。
「パリ ナースたちの戦場 ~看護婦が見た世界大戦の真実~」
1914年に勃発した第一次世界大戦時、パリに日本が従軍看護婦を全国から募り派遣したということなどの記載あり。
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/200.html  <最終確認:2014年11月29日>

また、日本赤十字社熊本支部のHPには以前開催した「赤十字救護看護婦 竹田ハツメ展」に彼女についての写真や多少の記載あり。
http://www.kumamoto.jrc.or.jp/exhibition/ex04  <最終確認:2014年9月14日>

そこから熊本出身で、第一次世界大戦時に熊本支部から派遣され、後に熊本医科大学看護長や家政婦紹介所を創業したとあった。尚番組は彼女の手記が今回発見された事から特集されたという事だった。

従軍看護婦では資料が出ない為、館内検索にて「第一次世界大戦」または「赤十字」「日赤」などで出てきた資料を中心に当たる。
『日本のナイチンゲール』P136にフランス派遣について仔細あり。
そこには「大正3年12月16日に横浜港を出港、上海、シンガポールを経由し翌4年2月4日にマルセイユに到着した。その後救護班の活躍の場としてホテル・アストリアを病院とすることにした」とある。

その後検索の結果ちょうどこのタイミングでこのホテルに島崎藤村が宿泊していたということを知り、『藤村のパリ』で探したところP236に医学博士や看護婦長などの名前の記載あったが、看護婦は代表者名を明記し後は以下20名となっていた。なおこれは『震天動地 世界大戦史』(大正4年3月)という資料に載っていたという記述である。

『ほづつのあとに』はP47 ・48にフランス派遣のときの写真があったが、集合写真な為誰が誰だか把握ができなかった。

いずれも派遣時の様子を知ることの出来る資料は少し発見できたが竹田氏について仔細を把握できるものはない。
熊本出身ということで、熊本県立図書館様に竹田氏について分かるような資料はないかと照会を依頼したが、やはり当時は看護婦という立場で、帰ってきてからいろいろな功績を残した方、ということもあり、2つほど資料の中に簡単な記載があるのみだをいう事と、熊本県松橋収蔵庫(まつばせしゅうぞうこ)で、同年12月に竹田氏の残した資料を基にした企画展「日赤救護看護婦竹田ハツメ」が開催されるという事で、それに伴って何かレジュメらしきものが作成される可能性もある、との事だった。

また放映から2・3日後になってネットの方で参考資料2つの掲載を発見。
『日本赤十字社と人道援助』黒沢文貴 河合利修 編 東京大学出版会 2009.11
『メスと鋏』塩田廣重 桃源社    (著者は竹田氏が行ったフランス派遣に同行した医学博士)

『日本赤十字社と人道援助』は県立長野図書館に所蔵があり、そちらも念の為に照会を依頼。『メスと鋏』については国会図書館のデジタル資料で閲覧が可能だったのでそちらを検索。両方とも竹田氏の名前を発見する事は出来なかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
某TV局の歴史番組にて特集されていたのを見た。それによると熊本の人らしく、第一次世界大戦時に従軍看護婦として貢献した方との事。
NDC
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
『日本のナイチンゲール』 澤村修治/著 東京:図書新聞 2013.8 <394サ>, ISBN 978-4-88611-452-5 (P136)
『天皇と赤十字』 オリーヴチェックランド/著 法政大学出版局 2002.10 <369チ>, ISBN 4-588-36411-1 (p85)
『日赤の創始者 佐野常民』 吉川龍子/著 吉川弘文館 2001.5 <289.1サ>, ISBN 4-642-05518-5
『藤村のパリ』 河盛好蔵/著 新潮社 1997.5 <910.26シ>, ISBN 4-10-306005-0 (p236に看護婦長らの名前などが書かれている。)
『赤十字巡礼』 岸井敏/著 日赤会館 2001.6 <369キ>, ISBN 4-9900971-0-6
『ほづつのあとに』 「アンリー・デュナン」教育研究所・編 メヂカルフレンド社 1981.12 <498ホ> (P47・48にフランス派遣のときの写真。集合写真。)
『赤十字のふるさと』 北野進一/著 雄山閣 2003.7 <369キ>, ISBN 4-639-01818-5
『総力戦とデモクラシー』 小林啓治/著 吉川弘文館 2008.1 <210.6コ>, ISBN 978-4-642-06331-9
キーワード
(Keywords)
第一次世界大戦
赤十字
従軍
従軍看護婦
竹田ハツメ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
熊本県立図書館 ( https://www.library.pref.kumamoto.jp/
県立長野図書館 ( http://www.library.pref.nagano.jp/
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000153278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!