このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000153125
提供館
(Library)
宇都宮市立図書館 (2310280)管理番号
(Control number)
宇南14-00138
事例作成日
(Creation date)
2014年05月09日登録日時
(Registration date)
2014年05月09日 16時38分更新日時
(Last update)
2015年03月04日 18時33分
質問
(Question)
英語の「I」はなぜいつも大文字なのか。
回答
(Answer)
『新英和大辞典 第6版』の「I」の項目に、「Iを文中でも大文字で書くのは、昔筆写するときに起こりがちな誤りを避けるために用いた便法に起因する」(『p.1214)との記述があった。

[追加事項 2014.5.9]
『新英和大辞典 第6版』以外の英和辞典の「I」の項目に以下のような説明があった。
・「Iを常に大文字で書くのは、小文字のⅰが隣の他の文字と混同されるのを防ごうとしたため」(『ライトハウス英和辞典 第5版』p.688)
・「18世紀以前はiと書かれていたが、見落とし・見間違いを避けるため文の途中でも常に大文字で書かれるようになった。」(『ウィズダム英和辞典第2版』p.911)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (833 8版)
参考資料
(Reference materials)
竹林滋 [ほか]編 , 竹林, 滋, 1926-2011. 研究社新英和大辞典 第6版. 研究社, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003646961-00 , ISBN 4767410169
竹林滋, 小島義郎, 東信行, 赤須薫 編 , 竹林, 滋, 1926-2011 , 小島, 義郎, 1928- , 東, 信行. ライトハウス英和辞典 第5版. 研究社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009142225-00 , ISBN 9784767415055
井上永幸, 赤野一郎 編 , 井上, 永幸, 1959- , 赤野, 一郎, 1949-. ウィズダム英和辞典 第2版. 三省堂, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008330714-00 , ISBN 4385105693
キーワード
(Keywords)
英語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000153125解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!