このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152902
提供館
(Library)
宇都宮市立図書館 (2310280)管理番号
(Control number)
宇南14-00137
事例作成日
(Creation date)
2014年04月22日登録日時
(Registration date)
2014年05月03日 11時00分更新日時
(Last update)
2015年03月04日 18時34分
質問
(Question)
ヨーロッパとアジアの境界は?
回答
(Answer)
世界大百科事典、ジャパンナレッジ等の情報を確認して回答した。

1『世界大百科事典 29』
・p.264のヨーロッパの項目に、「もともと陸続きのアジアとヨーロッパとの境界線は、細部についての種々の議論があるにせよ、地理学の方では、大体北から南に走るウラル山脈を基軸として南に下がりカスピ海から、黒海の入口ボスポラス海峡を結ぶ線とみるのが常識である。」との記述があった。
2ジャパンナレッジLib
・ヨーロッパ【欧羅巴】(『日本国語大辞典』)に、「東はウラル山脈・アラル海・カスピ海・黒海・ダーダネルス海峡よりアジアと,南は地中海によりアフリカと分けられる。」との記述があった。
・アジア(『日本大百科全書(ニッポニカ)』)に、「西はウラル山脈、カスピ海、カフカス山脈、黒海、地中海によりヨーロッパと、また地中海、スエズ運河、紅海、インド洋によりアフリカとそれぞれ接している。」との記述があった。
3『地理のおさらい』
・「世界の「さかい目」はどこ?(p.50)」に、「ロシアのウラル山脈とボスポラス海峡を結ぶ線の西側をヨーロッパ州、東側をアジア州としている」との記述があった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290 8版)
参考資料
(Reference materials)
世界大百科事典 29(ユエ−リン) 2009年改訂新版. 平凡社, 2009.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I030546538-00
田中優子 著 , 田中, 優子 , 自由国民社. 地理のおさらい. 自由国民社, 2009. (おとなの楽習 ; 8)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010191379-00 , ISBN 9784426105167
キーワード
(Keywords)
ヨーロッパ
アジア
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000152902解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!