このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152776
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201404-25
事例作成日
(Creation date)
2014年03月12日登録日時
(Registration date)
2014年04月28日 12時57分更新日時
(Last update)
2014年12月28日 00時30分
質問
(Question)
明治初年に大阪天満にあった本泉寺は、今も天満にあるか。
回答
(Answer)
明治30年に大阪府四條畷市へ移転しています。
回答プロセス
(Answering process)
1.『日本社寺大観 寺院編』(日出新聞社/編,日出新聞社,1940)p.521 本泉寺あり、天満から現在の四條畷市へ移ったこと記載あり。
2.『大阪府全誌 巻之4』(井上正雄/著,清文堂,1985)p.1451 北河内郡甲可村(現 四條畷市)大字蔀屋の項に、本泉寺についての記述あり。本泉寺は字杭ケ淵にあり、もとは本泉寺の末寺であった教光寺があった所。明治30年5月22日、教光寺を合併し、同年7月7日大阪市北区鳴尾町より教光寺跡へ移転したとの記述あり。
3.『四条畷市史:改訂 第1巻』(四条畷市教育委員会/編纂,四条畷市役所,1984)p.978 第三章 神社・仏閣と民間信仰の項に本泉寺あり、老朽化にも触れ「明治30年に北区鳴尾町より移転、当地の教光寺と合併して本泉寺を称するに至った」との記述あり。
4.『四条畷史 第2巻 史料 1』(四条畷市総務部庶務課/編,四条畷市役所,1979)p.21 村誌(讃良郡蔀屋村)総説「寺」の項に、教光寺の解説があり、「大阪天満堀川本泉寺ノ掛所ナリ」との記述あり(明治15年6月)
p.22 出版時の注記に、「教光寺・本寺たる本泉寺が大阪市より移転し来って現在に至る。本泉寺は嘉吉2年建で東本願寺寺院の寺格を持つ」との記述あり。
5.『日本寺院総鑑 2000年版』(寿企画,2000)p.1135 四條畷市の寺院一覧に「真宗大谷派 松扉山本泉寺」記載あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本社寺大観 寺院篇』 日出出版社/編 日出新聞社,1940<当館書誌ID:0000621402>
『大阪府全誌 巻之4』 井上正雄/著 清文堂,1985<当館書誌ID:0000172309>
『四条畷市史:改訂 第1巻』 四条畷市教育委員会/編纂 四条畷市役所,1984<当館書誌ID:0080149179>
『四条畷市史 第2巻 史料 1』 四条畷市総務部庶務課/編纂 四条畷市役所,1979<当館書誌ID:0000572347>
『日本寺院総鑑 2000年版』 寿企画,2000<当館書誌ID:0010504544>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市北区
大阪府四条畷市
寺院
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000152776解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!