このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152028
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2013-05-002
事例作成日
(Creation date)
2013年5月3日登録日時
(Registration date)
2014年04月11日 13時55分更新日時
(Last update)
2014年05月29日 14時09分
質問
(Question)
奥襟(柔道)の意味を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介。

資料1:インターネット情報「柔道用語辞典」 http://www.judo-ch.jp/dictionary/terms/usiroeri/ (最終確認2014/4/11)
「奥襟」の記載はなし、「後ろ襟とは、柔道着の襟の後ろ部分で奥襟とも言います」とある。

資料2:「柔道大事典」p47「後ろ襟」の項に「柔道衣の襟の、頭の後部に接するところ。すなわち紋所の上に当たるところ」とあり、p203-204「柔道衣(着)」の項に図あり。

資料3:「上達する柔道」p204-205「柔道衣の扱い方」p205に「⑧後襟」の記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
(1)「柔道」「用語」でグーグル検索したところ「柔道用語辞典」がヒット。「後襟」と「奥襟」は同義と判明。

(2)資料2「柔道大事典」で「奥襟」と「後襟」を検索。「奥襟」はなく「後襟」の記述あり。さらに参照から「柔道衣」を引くと「柔道衣(着)の名称」の図に「後ろ襟」と記載あり。

(3)分類789.2の資料に直接当たったところ、資料3「上達する柔道」に「後襟」の記載があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
武術  (789 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】〔柔道用語辞典〕 http://www.judo-ch.jp/dictionary/terms/usiroeri/ (最終確認2014/4-11)
【資料2】嘉納行光 [ほか]監修 , 柔道大事典編集委員会 編 , 嘉納, 行光, 1932-. 柔道大事典. アテネ書房, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002918718-00 , ISBN 4871522059
【資料3】池内貴憲 著 , 池内, 貴憲. 上達する!柔道. ナツメ社, 2006. (スポーツレベルアップシリーズ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008262367-00 , ISBN 4816341609
キーワード
(Keywords)
柔道
柔道着
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000152028解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!