このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151943
提供館
(Library)
京都府立高等学校図書館協議会司書部会 (1210025)管理番号
(Control number)
京高図司‐2013‐06
事例作成日
(Creation date)
2013年09月24日登録日時
(Registration date)
2014年04月07日 13時52分更新日時
(Last update)
2015年04月20日 11時17分
質問
(Question)
京都市はパンの消費量が多いと聞いたが、それはなぜか
回答
(Answer)
京都の人は合理的で新しいものが好きだから。また、京都市の街中は職人の町でもあるため、手軽に食べられるパンが多忙な職人に好まれたのではないかといわれている。
回答プロセス
(Answering process)
インターネットで検索したところ、「新・都道府県別統計とランキングで見る県民性」によると2008年に京都市はパンの消費量が1位になっていることがわかった。
また、総務省統計局の(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキングの平成22年~24年をみると神戸市が1位、京都市は2位であった。
パン普及協議会が運営しているウェブサイト「パンのはなし」に京都市パン協同組合理事長の回答が記載されていた。そこでは「京都人は合理的で新しい物が好き」ということと「京都市の街中は職人の町でもあるため、おやつを提供するのに、手軽に食べられるパンが好まれたのではないか」とあった。また図書で調べたところ、『京都でいちばん京都がいちばん』にも「京都人は新しいもの、合理的なものが好き」という性質の記述がある。また、「昭和40年から50年頃にかけて京都市ではベーカリーが急増し、特に和装業者が多かった西陣ではよく売れた。織物産業が急成長を迎えた時期と重なったため、片手でも手早く食べられるパンが職人たちの支持を集め、食卓に浸透していったのではないか」と記載されていた。
どちらも推測の域を出ておらず、その根拠となる事例を見つけることはできなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
日本  (291)
食品工業  (588)
参考資料
(Reference materials)
『京都でいちばん京都がいちばん』京都新聞出版センター 編 , 京都新聞出版センター, 2010, ISBN 9784763806291
パンのはなし  http://www.panstory.jp/ (2014年4月8日確認)
新・都道府県別統計とランキングで見る県民性  http://todo-ran.com/ (2014年4月8日確認)
総務省統計局 http://www.stat.go.jp/ (2014年4月8日確認)
キーワード
(Keywords)
京都市
パン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000151943解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!