このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151795
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000014941
事例作成日
(Creation date)
2014/02/22登録日時
(Registration date)
2014年04月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年05月04日 14時55分
質問
(Question)
カラーセラピーの講座を開くにあたって参考になる本はあるか。特に実際に受講者にやってもらうカウンセリング体験の具体例を探している。
回答
(Answer)
カラーセラピーの講座を開くための具体的なノウハウではないが、参考になりそうなものとして、回答プロセスに記載の資料をご案内した。
回答プロセス
(Answering process)
キーワード「カラーセラピー」または件名「心理学 色彩」で所蔵資料を検索し、内容を確認。

『色のメッセージ 自分の心を映し出す不思議な力』(大和出版)に色彩表を見て行うカラーテストの方法があり。
『知って役立つ色の事典』(宝島社)に色の持つ心理的効果の解説があり。
『ビジネスに役立つ 使える!色彩の教科書』(洋泉社)には絵を書くときの色使いと心理の関係の解説があり。
『マリアージュカラーセラピー』(祥伝社)にはコラージュのモチーフと心理の関係についての記載があり。
『なりたい自分になるための「色」の掟。』(講談社)『あなたがキラキラ輝くカラーセラピー』(ソフトバンククリエイティブ)にも服装の色使い等についての記載があり。
『チャイルド・スピリット』(河出書房新社)『児童画の意味』(ブレーン出版)には子どもの絵と色使いについての記載があり。

また豊中市未所蔵の『幸せ色えんぴつレシピ』(廣済堂出版、大阪市立図書館より借用して提供)にはそれぞれの色を使ったモチーフ(黄色であればバナナなど)について、描くときのセラピーポイントがあり。
これらも合わせて見ていただいた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
普通心理学.心理各論  (141 9版)
参考資料
(Reference materials)
『色のメッセージ』 井坂 勝美/著 (大和出版)
『マリアージュ・カラーセラピー』 泉 智子/著 (サンワード・ブックス)
『使える!色彩の教科書』 芳原 信/著 (洋泉社)
『知って役立つ色の事典』 七江 亜紀/監修 (宝島社)
キーワード
(Keywords)
カラーセラピー
心理学
色彩
講座
ビジネス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000151795解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!