このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151620
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1116
事例作成日
(Creation date)
2014年03月27日登録日時
(Registration date)
2014年03月30日 17時23分更新日時
(Last update)
2014年03月30日 18時14分
質問
(Question)
新潟県北蒲原郡に存在した安野村が、現在なんという地名になっているのかが知りたい。
(もともとは、現在の北蒲原郡に存在した下条村についてお調べとのこと。
 新潟県の職員の方にもらったという資料(「水原町(現在阿賀野市)」「阿賀野市」と
 書かれた2枚の印刷物)では、他の村と合併し、安野村になったと思われるとのこと。)
回答
(Answer)
安野村は1901(明治34)年に北蒲原郡水原町と合併し、
水原町を新設して消滅したことが判明。
回答プロセス
(Answering process)
①質問者が持参した資料がWikipediaの印刷の一部のようだったので、そのページを確認。
→「水原町(すいばらまち)」のページに同じ記述を発見。
 そのページ内に“1901年(明治34年)-水原町が安野村と合併。”という記述あり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%8E%9F%E7%94%BA )(最終確認日:2014年3月30日)

→「安野村(あんのむら)」のページもあったので、そちらも確認。
 やはり“1901年(明治34年)11月1日―北蒲原郡水原町と合併し、水原町を新設して消滅。”という記述あり。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%87%8E%E6%9D%91_(%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C)
(最終確認日:2014年3月30日)
 参考文献として挙げられていた『市町村名変遷辞典』も確認済み。同項目に「下条村」への言及もあり。

②図書資料での確認。
・『角川日本地名大辞典 15』 → p116に記述あり。
・『幕末以降市町村名変遷系統図総覧 1』 → p564に記述あり。
・『全国市町村名変遷総覧』 → p406に記述あり。
・『旧市町村名便覧』 → p30に記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 15 (新潟県). 角川書店, 1989.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002137611-00 , ISBN 4040011503
太田孝 編著 , 太田, 孝, 1921-. 幕末以降市町村名変遷系統図総覧 1. 東洋書林, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002448663-00 , ISBN 4887210833
市町村自治研究会 監修 , 日本加除出版株式会社編集部 編 , 市町村自治研究会 , 日本加除出版株式会社. 全国市町村名変遷総覧 全訂. 日本加除出版, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008304426-00 , ISBN 4817813180
日本加除出版株式会社編集部 編 , 日本加除出版株式会社. 旧市町村名便覧 : 明治22年から現在まで 新版. 日本加除出版, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008377936-00 , ISBN 4817813202
キーワード
(Keywords)
新潟県北蒲原郡
安野
合併
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000151620解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!